d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2017 Nov.15
SURUGA Cycle Journal vol.14

【連載】自転車と共にある家 / 東京都在住 南條氏

【連載】自転車と共にある家 / 東京都在住 南條氏

自転車と共に生活している人は、どのような家にお住まいなのでしょうか?“自転車を楽しむための家”で暮らしているサイクリストのご自宅を取材させていただく企画の第三回目は、東京都にお住まいの南條さんにお話を伺いました。

お気に入りがたっぷり詰まったガレージ

緑の木々に癒される静かな住宅街にお住まいの南條さん。駅から緑道が続く道を歩いていると、どこか安心感のある街の雰囲気と、この土地で暮らしている人たちの表情の良さが印象に残る。ご自宅に到着すると、可愛く品のあるわんちゃんが出迎えてくれた。

ガレージ自転車の整備

建築関係のお仕事に従事されている南條さんは、こちらのご自宅もご自身で設計されたのだとか。存在感のあるガレージ横から玄関へ続くアプローチ、空間を上手に使った室内、綺麗にコンクリートで敷き詰められた屋上のテラス…自然の採光や風の流れを優しく感じられる洗練された造りになっている。趣味が詰まった広々としたガレージでお気に入りの自転車をメンテナンスしている南條さんのお姿は、すぐにでも自転車ライフを始めたくなる理由には十分すぎる光景だ。

ガレージ自転車の整備
:タイのチェンライ国際MTBチャレンジ大会でもらったという象のメダルや、お気に入りのランタンが並ぶハイセンスなガレージ。
:SPECIALIZEDやPINARELLO DOGMAなどお気に入りの自転車が並ぶ。

南條さんが趣味としている自転車はロードバイクに限らずマウンテンバイクや、輪行に便利な折り畳み自転車と幅が広い。平日も音楽や演劇鑑賞などの趣味が多彩で、正に人生を謳歌されている。

ご自宅の庭で愛車のマウンテンバイクを洗う。
ご自宅の庭で愛車のマウンテンバイクを洗う。

最初は自転車に全く興味がなかった

ガレージリビング

趣味のひとつでもあるキャンプをしに訪れた場所で、自転車好きの友人がマウンテンバイクのコースを見つけたのは15年程前のこと。その頃自転車に全く興味を持っていなかったという南條さんは、「一緒にやろう!」と何度誘われても気乗りしなかったそうだ。しかし、いざ自転車に乗ってみると、その体験は想像をはるかに上回るものになった。風を切りながら森の中を走り抜ける爽快感、まるで童心に帰るような高揚感…全身で覚えていく自転車に乗るということの楽しさに胸を高鳴らせていたという。

南條さんリビング
:リビングで今日のウェアを選ぶ南條さん

東京に戻ってから「今度はガイド付きのコースを走らないか」と誘われ参加。そこでどっぷりと自転車の面白さにはまってしまい、翌日にはマウンテンバイクを購入していた。その行動力には驚いてしまうが、南條さんをそこまで駆り立てるほどの魅力が自転車にはあるのだろう。乗り始めて2年が経った頃、ガイドの方から北海道横断ツアーに誘われロードバイクデビューをすることになった。参加者の方との触れ合いを楽しみながら初めてのロングライドを終え、マウンテンバイクの走りとはまた違うロードバイクの魅力にはまってしまったそうだ。今でも目的に合わせながら併用して自転車ライフを楽しんでいる。

何より大切なのは「楽しむこと」

4人4台まで乗車可能の車に自転車を積む様子。
4人4台まで乗車可能の車に自転車を積む様子。

国内外のレースに出ることも楽しみのひとつだが、週末で完結する自転車旅もまた良いものだ。南條さんも、休日は友人を誘い自転車専用の車で遠出をすることが多いそう。車は出し入れが簡単な仕様になっており、気になる場所を見つけたらすぐに自転車に乗りこむことができるのでストレスがかからない。また、宿泊場所もサイクリスト向けのホテルを選べば余計な心配や負担なくツーリングを楽しむこともできる。

ツーリング

怪我をしないように無理はせず、楽しむことに主眼を置いて走っているのだと南條さんは話す。近所の移動に活用してもいい、あてもなくふらりと旅に出るのもいい、レースでピリッとした緊張感を持つのもいい…自転車の楽しみ方は人それぞれ。色々と試しながら自分なりの乗り方を発見すればいいのだ。自転車のお話をされている南條さんは終始穏やかで、その表情からも無理なく自然体に自転車ライフを楽しんでいることが伝わってくるようだった。

写真・中村 風詩人 / 文・伊志嶺 麻彩

Information

ロードバイク購入ローン

けっして安価ではないけれど、今回ご紹介したように大切に乗れば一生モノとして使えるのがロードバイクです。スルガ銀行のロードバイク購入ローンを利用すれば、自転車はもちろんトライアスロンなどに使うすべてのグッズがご購入できます。7%の年利は一般的なクレジットカードのリボ払いや分割払いよりもお得。対象は自転車やそのパーツ、アクセサリー、ウェア類など。返済は最長120回。ご自分に合った返済プランを組み立てることができます。