d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2017 May.15
Topic on Dream ~夢に効く、1分間ニュース~ Vol.182

コジレイ、生物ライター平坂寛…、“釣り”の多様な楽しみ方5選

平坂寛さん

スポーツ・アートなど、趣味関係の記事が充実しているd-labo。数ある記事のなかから、今回は、釣り関連の記事をご紹介。今日にでもトライできる“都市での釣り”から、マニアも驚く“深海魚釣り”まで…。魚、海、そして釣りの楽しさをお届けします。

①プロアングラー“コジレイ”が語る
尽きることなき、釣りの魅力

児島玲子さん児島玲子さん
児島さんのフィールドは、国境を越え、アマゾン川まで…!
年間200日近く釣りに向き合う児島さんが、釣りにハマったワケとは?

“コジレイ”こと児島玲子さんが釣りをはじめた当時、女性のプロアングラーは存在しなかったそう。そんななか、タレントとして番組で釣りに挑戦し、釣り人生がスタート!「1日で、喜怒哀楽のすべてが味わえる。それが、ハマった理由」と語ります。

初フィッシングとなった渓流でのイワナ釣りから、アマゾン川でピラニア(写真右)などのレアな魚を釣った話まで…。「同じ釣り・同じ魚には、二度と出会えない」と話す児島さんが経験してきた、さまざまな釣りの話も!
釣り番組に出演しはじめた1997年からを振り返り、「目標って、次々に生まれてくるんです。たとえば50センチの魚を目標にしてその魚を釣りあげたら、今度は60センチの魚を釣りたくなる。夢は尽きない」と児島さん。ビギナーから上級者まで共感できる、釣りの魅力満載のインタビューです。

さらに詳しく読む>>

おすすめ記事:船釣り&夜釣り!初挑戦で、まさかの大漁!

②“カワハギ釣り”に挑戦!
船釣りってどんな感じ?ビギナーでも大漁?!

d-laboスタッフd-laboスタッフ
児島玲子さん指導のもと、三崎港で挑戦。
帰りは、クーラーボックスが満杯に…。そんなビギナー2人の奮闘をレポート!

児島さんから「ビギナーには船釣りがオススメ」と伺い、d-laboスタッフが向かったのは、カワハギ釣り!カワハギは、群れで行動するので釣りやすい魚。しかし、餌だけを取られないよう、魚との駆け引きも大切。腕次第で釣果に差が出るため、上級者にもファンが多いんです。

釣りの途中では、美味しそうな外道を釣りあげるなど、楽しいハプニングにも遭遇。読めば、海に向かいたくなること請け合いです。

釣り船ってどうなってる?カワハギ釣りには、どんなゲーム性がある?船釣り&カワハギ釣り未体験者にも役立つ記事になっています。

さらに詳しく読む>>

おすすめ記事:巨大シーバスを釣りあげろ!ゲームフィッシング参戦記

③珍生物ハンター・平坂寛も虜に!
“東京湾の深海魚釣り”は、「日帰りで行ける冒険」

平坂さん平坂さん
見た目も生態も、摩訶不思議な深海魚。それが東京湾に?!
生物ライター・平坂さんが、食べ方(!)・釣り方とともにレクチャー。

「東京湾は湾外に出るあたりから、急激に海底が深くなっている。水深は500メートルを超え、東京海底谷と呼ばれています。ここには東京から出た有機物が流れ込むため、魚のエサとなるプランクトンが豊富に集まり、深海の楽園を形成しているんです」と、平坂さん。

写真左は、深海鮫のヘラツノザメ。東京湾には多様な深海鮫が生息し、世界中の研究者も注目しているとか。右は、スズキ目に属するバラムツで、大きなものは2メートル以上に…!

ほかにも、平坂さんが出会った、東京湾の奇妙な深海魚たちをご紹介。「すぐにでも冒険に出かけたい!」という方のため、深海魚釣りを始めるのに必要なアイテム&釣り船の予約方法も。

さらに詳しく読む>>

おすすめ記事:生物ライター・平坂寛、誰も食べない生物を食すワケ

④出勤前・ランチタイムにも釣りを!
“大都会で釣り”レポート。一番釣れた場所は…

スカイツリー釣れた魚
ライターが、隅田川・都内釣り堀などで、釣り体験。
果たして、江戸前寿司のネタは釣れるのか?!

江戸時代の商人たちは、早朝に「ちょっと出かけてくる」と呟いて、そそくさと家を出たとか。彼らが向かうは、江戸湾や隅田川。着物の袖に江戸和竿という釣り竿を隠して、仕事場の前にこっそりと釣りに興じたと言います。

「そんな風に日々釣りを楽しみたい!」ということで、出勤前・ランチタイムなどを想定し、都内各所で釣りをしてみました。

結果、数多く釣れたのは、意外にも東京スカイツリーの真下!たった1時間で、美味しいアノ魚が釣れた場所も…。空いた時間に気軽に釣りを楽しみたい方、必見です。

おすすめ記事:江戸和竿の職人に聞く“和竿”の魅力

⑤25万円でボートオーナーに?!
釣り人の夢を広げる、“船の共同所有”とは?

ボートボート
個人で所有するのは難しくとも、シェアすれば、実現可能?!
実際の共同所有者に、その方法&メリットを直撃。

釣り好きならば、船を手に入れたい…と考えたことがある人も多いはず。その現実的な方法の1つが、共同所有です。

共同所有することで、船の購入費だけでなく、マリーナ使用料・メンテナンス費などの維持費も、折半することが可能。また、船は定期的に動かさないと故障するリスクが高まるので、数人で使うことにより、船を長く効率的に使うことができるなんてメリットまで!

あなたの釣りスタイルを変える記事になる…かもしれません。

さらに詳しく読む>>

おすすめ記事:海沿いに住もう!湘南で得られる「自由で排他性のない暮らし」

※本記事内の情報は、すべて元となる記事の公開時点(ページトップに公開日記載)のものです。

Information

つりダイスキローン

釣りが大好きな方、これからはじめたいという方にオススメなのがスルガ銀行の「つりダイスキローン」。ロッドやリールはもちろん、タックルや魚群探知機、ツアー資金など「釣り」に関するものならすべて対象。ボートの購入費用や船舶免許取得費用、メンテナンス費用、マリーナ使用料などにもご利用いただけます。

※審査の結果、ご希望にそえない場合もございますので、あらかじめご了承ください。