d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2016 Aug.5
Topic on Dream ~夢に効く、1分間ニュース~ Vol.144

美しい男は仕事がデキる!?
ビジネスマンに「男性美容」をすすめる3つの理由

鏡を見る男性

男性用化粧品の市場が右肩上がりで上昇するいま、「美しくなること=仕事において有利に働く」という考え方がビジネスシーンに浸透しています。とはいえ“美容初心者”のビジネスマンのなかには、スキンケアを始めたいけど、何からスタートすればいいのか分からない…と悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?そこで、『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』の著者・藤村岳さんに、今日からできる正しい“男性美容”を伝授していただきました。

いまは美容をしない男性が“悪目立ち”する時代

男性美容の需要が増加していると言われていますが、なぜなのでしょうか?その理由を「今は好かれることより“嫌われない”ことが重要な時代だから」と藤村さんは話します。

「いまの10代、20代前半までの男性は、スキンケアをすることが当たり前なんです。ご飯を食べたあとに歯磨きをする感覚。ただ、30代後半などの世代では、美容に気を使うことは“女々しい行為”という間違った認識をする人が多く、美容(スキンケア)をしていない人が、自分でも気づかないうちに周囲から取り残されている状態。美容や身だしなみも格差社会になっているということですね。いまは、スキンケアをしていない人が“悪目立ち”しているんです」

スキンケアをすることで仕事にどんなメリットが?

ビジネスマン

では、スキンケアをすることでビジネスパーソンに得られるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット①「嫌われる」というリスクを回避できる

「もし嫌われたらビジネスもプライベートも、マイナスからスタートしなければなりません。主に嫌われる要素は“汚い”“臭い”なので、この2つを排除することが重要です」

メリット② ポジティブな気持ちになれる

「ケアすることで、目の下のクマや乾燥による小ジワが薄くなる、肌がなめらかになる…など、良い方向に変わってきた自分を発見することができ、気持ちがアガるんです。そのように自分に自信が持てるようになると、自然と周囲の対応も良くなってきますよ。また気持ちがポジティブになると、仕事にいい影響を与えてくれます。

『外見より内面』と言う意見もありますが、第一印象(=外見)でパっと判断されてしまうことが多々あります。まずは外見がきちんと整っていないと、内面まで見てもらえないんです」

メリット③ 健康管理ができるようになる

「体調管理もビジネスマンの仕事のひとつですが、美容に気を配っていると自分の健康状態を把握できます。

肌が荒れている、クマができる、というのは自分の健康が脅かされているという、身体からのSOSのサイン。きちんとケアすることで“昨日の自分と今日の自分の差”が分かるようになり、『今日、肌の調子が悪いのは昨日の深酒のせいかも』『うまくヒゲ剃れないのは、肌がたるんで剃りにくくなっているのかも』などの気づきになるんです」

初心者でも始められる3つのスキンケア

洗顔

ここからは今日からできる3つのスキンケアを紹介します。美容ビギナーは、まずこれから実践してみてはいかがでしょうか?

スキンケア対策①「ゴシゴシ洗い」はやめる

「男性は顔・髪の毛・身体、すべてにおいて力まかせにゴシゴシと洗いがちですが、実は汚れって、こすっても落ちないんです。

たとえばお皿の油汚れを落とすときに、こすっても落ちにくい場合は、油を浮かすために洗剤をかけて放置しておきますよね。肌も同じ。こするよりも油を浮かせて優しくなでる方が、汚れは落ちるんです。基本的に身体のアカ擦りもしなくて良いですよ」

ビジネスパーソンが使うべき洗顔フォームとして、“汚れを落としすぎないもの”をおすすめしてくれた藤村さん。

「『汚れがガッツリ落ちます』と書いてあるようなものを選ぶのはNG。これは高校生など、ホルモンバランスにより皮脂が多く出る年代に必要なのであって、大人になってからは過剰です。スクラブ洗顔(※)を使うとしても、“多くて週1回”“ヒゲを剃らない部分に使う”ことが必須です」

  • 種子や樹脂などの細粒を加えた洗顔料。

スキンケア対策② 保湿をする

「洗顔をしたあとに保湿をすることでスキンケアは完了します。『せっかく洗ってサッパリしたのに、何か塗るなんてベタつく…』と言う方がいますが、逆に保湿をしないとベタつくんです。ベタつくのは皮脂が出るから。

ではなぜ皮脂が過剰に出るのかというと、肌には必要な水分を留め、細菌などから守るバリア機能があるから。化粧水や乳液で適切に保湿されていないと、身体は皮脂を出して肌を守ろうとしてしまい、それが結果ベタつきになってしまうんです」

化粧水で水分を補給したあと、乳液やクリームなど油分のあるものでフタをする、という二段階で保湿することがポイントです。

スキンケア対策③ 紫外線対策をする

「紫外線対策は1年を通じてすることが大切です。シミ・シワ・たるみ・皮膚がんに至るまで全てに、紫外線が影響しています。紫外線を浴びると活性酸素ができ、免疫が落ちやすくなります。

ちなみにPCやスマホから出るブルーライトも、肌に深刻なダメージを与えることが最新の研究で明らかになっています。最新のUVケア用品にはこれらをカットする成分も入っているものもありますので、外出しないデスク仕事の人も光対策を怠ってはいけません」

ちなみに、日焼け止めを塗る頻度・タイミングは…?

「日焼け止めは1日1回塗れば良いわけではなく、朝・昼・午後日差しが強くなる頃の2~3回に分けて塗ることが必要です」

まとめ

いかがでしたでしょうか。最後に、今日からスキンケアを始める読者へ、藤村さんからメッセージをいただきました。

「いま男性もスキンケアをするのが当たり前の時代になりました。『自分は毎日、歯を磨いている!』と自慢気に話す人はいませんよね?それと同じ。男性もスキンケアをしていていることが普通になってきているんです。美容初心者のみなさん、まずは3つのスキンケアから始めてみましょう。スキンケアは、一流のビジネスマンになる第一歩です。」

文・中川 謙次

Information

藤村岳

男性美容研究家、エッセイスト

SURUGAbank Dandy Project/SILKY PLAN

美容に関心のある方にオススメなのが、メンズエステや脱毛資金にご利用いただける、「SURUGAbank Dandy Project/SILKY PLAN」。申込みはWebまたは電話でOK(銀行へ来店不要)。あなたの「男のこだわり」をサポートいたします。

※審査の結果、ご希望にそえない場合がございますので、あらかじめご了承ください。