d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2016 Feb.12
Love Travel! ~東京のグルメで知る、異国の魅力~ Vol.3

〈シンガポール〉を楽しむなら、
最新スポット&多民族国家ならではのグルメに、+αを!

シンガポールの料理

世界には、まだ見ぬ国がたくさん。「Love Travel!」では、各国の珍しい料理を提供するレストランを取材。グルメから、国の文化&魅力をひも解きます。読めば、食べたくなる&旅に出たくなること請け合いです。

アジアのビジネス拠点として熱い視線を集める国、シンガポール。急速な経済発展を遂げた同国の、最新観光スポットとは?そして、気になるグルメに関しては、シンガポールに本店を構える人気レストラン「威南記海南鶏飯(ウィーナムキーハイナンチキンライス)日本本店」に取材。同国のソウルフード、チキンライスや海の幸をふんだんに使った料理とともに、シンガポールの魅力をお届けします。

近年、観光スポットが続々オープン!
先鋭的な建築物に夜景にと、リゾート感たっぷり

シンガポールのビル街
シンガポールの国土は、東京都23区の約1.1倍。
日本との時差約1時間の南国。

1965年のマレーシアからの独立以降、急速な経済発展を遂げてきたシンガポール。現在、“ビジネスに最も適した国”と呼ばれ、熱い視線を集めています。

さらに近年、ユニークな観光施設が続々オープンしており、トラベルにも要注目の国。そんなシンガポール観光の中心地とは…?

マリーナ・ベイ・サンズマリーナ・ベイ・サインズ 夜景
マリーナエリアの昼と夜。
一段と高くそびえ立つのが、2010年オープンの「マリーナ・ベイ・サインズ」。

それがこちら、マリーナエリア。「マーライオン」や、ホテルやカジノを備えたリゾート施設「マリーナ・ベイ・サインズ」など、数々のランドマークがこの地域に集中。各所がライトアップを行ない、夜景の美しさはピカイチとか!

マリーナ・ベイ・サンズ インフィニティ・プールマリーナ・ベイ・サンズ インフィニティ・プール
「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上、地上57階にある、「インフィニティ・プール」。

とくにエリアを一望できる、「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上は、話題の絶景スポット。プールを利用できるのは施設宿泊者のみですが、同じく屋上にある空中庭園「サンズ・スカイパーク」は、宿泊者以外も入場OKです。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイシンガポール・フライヤー
2012年に完成した、植物やツリー型のタワー「スーパーツリー」を配した
大型庭園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と、
2008年に登場した、世界最大級の観覧車「シンガポール・フライヤー」。

また、超巨大観覧車「シンガポール・フライヤー」では、最高到達点165メートルからの景色を望めます。

さらに「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は、写真中央にある「スーパーツリー」の上部にレストランがあり、光に包まれた幻想的なひとときを過ごすことも可能!

このエリアの最新スポットは、そんな絶景を楽しめるものばかり。何度訪れてもロマンチックな気分を味わえること請け合いです。

実は、美食大国!?
多民族国家ゆえ、多彩なルーツを持つグルメが集結

シンガポール レストランシンガポール レストラン

さて、シンガポールでおさえておきたいのは、観光だけにあらず。同国には、中国系を中心に、マレー系、インド系…と多民族が集まっているため、多様な国をルーツに持つグルメがそろっているのです。

今回、シンガポールグルメを知るべく訪れたのは、東京都港区芝浦にある「威南記海南鶏飯(ウィーナムキーハイナンチキンライス)日本本店」。マリーナエリアを含め、シンガポールで4店を展開する「威南記海南鶏飯 Wee Nam Kee Hainanese Chicken Rice(ウィナムキーハイナンチキンライス)」を母体に持ち、現地そのままの味を楽しめるのが特徴とか!

スチームチキンライス
「スチームチキンライス」は、香り米とスープ付きで、
1人前1,404円(以下すべて税込み)。
ランチは1,100円でリーズナブルに味わうことができる。

本国では地元の人々を中心に愛されているという同店に、まずはシンガポールの人々のソウルフードを尋ねると…。

「知名度ナンバー1のローカルフードは、チキンライスです。これをメインディッシュに、野菜や肉料理をサイドメニューとして食べるのが、現地のスタイル。屋台でも提供されているほど、馴染みの深いメニューで、政府が国賓をもてなすときにも、ふるまわれるんですよ」

漢字では「海南鶏飯(ハイナンジーファン)」と記され、中国海南島出身の移民が伝えたものだそうです。蒸したチキン&チキンスープで炊いた香り米に好みで加えるのは、ダークソイソース、チリソース、ジンジャーソースの3種の調味料。シンプルな料理だからこそ際立つ、しっとり柔らかなチキンの食感と旨みが人気の秘密です。

チリプラウン
「チリプラウン」1,490 円。
「チリクラブ」は、冬季限定で提供中。

同じくはずせないご当地グルメが、チリクラブ。丸ごとゆでたカニを、ピリ辛のチリソースに絡めて食べる料理です。同店では、カニより気軽なエビバージョンが人気。「これも、中華料理にルーツを持つメニューです」とのことで、東南アジアの定番ハーブ、コリアンダーを添えて提供されるのが、お約束です。

フィッシュヘッドカリー
「フィッシュヘッドカリー」は4~5人前で、3,024円。

インド系料理にも、島国らしい名物グルメがあるとか。それがこちら、「フィッシュヘッドカリー」です。名前のとおり、ドーンと豪快に鯛の頭入り! スパイスの辛さに、ココナッツミルクのコクと魚のダシが加わった、深みのある味わいが魅力です。

手前「アチャ」 奥「サンバルカンコン」シンガポールスリング
料理手前は「アチャ」410円、奥の「サンバルカンコン」は1,188円。
カクテルの「シンガポールスリング」は、918円。

野菜料理とドリンクも、島国&南国らしさたっぷり。「サンバルカンコン」の“サンバル”とは、マレー語でチリソースのこと、“カンコン”とは、空芯菜のこと。一口食べると、エビをダシにした濃厚な味わいに驚くはず。コクとピリ辛さが後を引き、アルコールドリンクにもぴったりです。

シンガポール流ピクルスの「アチャ」は、“とりあえずの1品”として親しまれているメニュー。同店の「アチャ」には、キュウリやニンジンのほか、パイナップル入り。酸味とフルーティな味わいが、リゾート気分を盛り上げてくれます。

同店オススメのアルコールドリンクは、シンガポール中のバーで提供されている、名物カクテル「シンガポールスリング」。五つ星ホテル「ラッフルズ・ホテル」のバーテンダーが生んだレシピが元祖で、ドライジン、チェリーブランデー、レモンジュースなどが入った爽やかな味が特徴です。

同店では、元祖と同じレシピを用いていますが、バーによってはアレンジを加えているところも。まずは日本の同店でベーシックな味を体験、そして旅行の際には、いくつかのバーで飲み比べ…という楽しみ方もできそうです。

グルメから文化に興味を持ったなら…
異国情緒溢れる、こんなエリアにも注目を

チャイナタウンの土産物店リトルインディアの街並み
チャイナタウンの土産物店と、
リトルインディアの街並み。
アラブ・ストリートカトン地区
モスクが目を引くアラブ・ストリートと、
かつて、プラナカンと呼ばれる混血の人々が住んでいた、カトン地区。

さまざまな国の文化から生まれたシンガポールグルメを味わうと、最新スポットだけでなく、この国の成り立ちにも興味が出てくるはず。そんなときには、チャイナタウンやリトルインディアなど、異国情緒溢れる地域を訪れてみるのも、面白そう!王道の観光エリアとはまた違った、同国のパワーを感じられることでしょう。

Information

ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカード

あらかじめすべてのお客さまに旅行傷害保険が自動で付帯されるのがANA マイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードの大きな魅力。さらに、世界200以上の国や地域で自分の口座から現地通貨で現金を引き出せる旅のお供にオススメの1枚。

威南記海南鶏飯(ウィーナムキーハイナンチキンライス)日本本店
威南記海南鶏飯(ウィーナムキーハイナンチキンライス)日本本店 内観

シンガポールの有名レストラン「威南記海南鶏飯 Wee Nam Kee Hainanese Chicken Rice(ウィナムキーハイナンチキンライス)」が、2015年に日本初上陸。現在、田町の「日本本店」のほか、「銀座EXITMELSA店」にも店舗を構えている。「日本本店」は、先進的で緑豊かなシンガポールの雰囲気を味わえる内装やテラス席も特徴。

東京都港区芝浦3-4-1 田町グランパーク1F
電話:03-5439-9120

  • 本連載は、店への取材に基づいた記事です。実際の渡航に関しては、最新の状況や安全面、ビザの必要性等、充分にお調べのうえでご検討ください。