d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2015 Nov.27
Topic on Dream ~夢に効く、1分間ニュース~ Vol.112

カレーは“個性派”の時代!?「神田カレーグランプリ」の注目店5選

自転車旅行の様子

300以上のカレー提供店が集まる、カレー激戦地、東京・神田。この街で、2011年から開催されているグルメイベントが、「神田カレーグランプリ」です。

2015年は10月31日から2日間、予選を勝ち抜いた20店が、決勝戦会場に集いました。王道のインド風、タイ風、喫茶店ならでは…と多様なカレーが提供されるなか、来場者の投票によりベスト3に選ばれたのは、オリジナリティ溢れるカレー店ばかり!

今回は、そんな個性派受賞店に加え、d-laboが厳選したユニーク店をピックアップ。店独自のトッピングやオススメの食べ方をご紹介します。読めば、さらに美味しく楽しめること請け合い。お腹と心を満たす個性派カレーを食べて、日々の活力をチャージしてください。

※「公式ガイドブック2015 神田カレー街食べ歩きスタンプラリー」は12月17日まで。今回登場の店は、「カレーは飲み物。 秋葉原店」以外の4店が参加中。詳細は、「神田カレーグランプリ」のHPを。

関西風の甘辛味が、新鮮&クセになる!「上等カレー」

トンカツカレーキャベツのピクルスと福神漬け
「トンカツカレー」(880円・以下すべて税込み)。
生玉子、キャベツのピクルスと福神漬けは、無料。
女性には、量を抑えた「七分カレー」(カツありで730円)も。

今年、みごとグランプリに輝いたのが「上等カレー 神田小川町店」。東京ではまだ数えるほどの「上等カレー」ですが、大阪では50店以上を展開する老舗店。特徴は、関西らしい味わいのルー。ほお張るとまずはほんのり甘く、次にじんわりと辛さが追いかけてきます。関東ではレアなこの甘辛い味が、クセになる秘密とか。

一番人気の「トンカツカレー」に乗っているのは、店で手仕込みした、揚げたてサクサクのカツ。甘辛いルーが絶妙にマッチして、新鮮でありながらも、どこかホッと和める味わいです。

さらに美味しくカレーを楽しみたいなら、同店ならではの「キャベツピクルス」を加えてみて。ザクザクの食感と、ほのかな酸味が加わります。なかには、1瓶まるごと入れるほどのファンもいるそう!

店にはランチのみならず、夕食時に訪れるビジネスマンも多いとのこと。甘辛カレーとボリューミーなカツをお腹に収めれば、きっと残業も、難なく乗り切れるはずです…!

上等カレー 神田小川町店

営業時間:平日11時~22時30分(L.O22時)/土日祝日11時~20時30分(L.O20時)
住所:東京都千代田区神田小川町2-1-15

自分好みにカスタマイズ!隠し味たっぷりの「100時間カレー」

3つトッピングトッピングのアボカド
「3つトッピング」は880円(カレーの横に添えられた「ミニサラダ」は+50円)。
ライス大盛無料。

準グランプリの「100時間カレー B&R 神田店」は、昨年、グランプリを受賞した超人気店。店名のとおり、手間暇かけて作ったルーが自慢です。煮込んであるのは、A4ランクの黒毛和牛と、セロリ、トマト、バナナ、マンゴー、パパイヤ…などの香味野菜・果物。タマネギは、1人前に約1個分が溶け込むほど、ふんだんに使用しているとか!

お店がオススメするメニューは、「3つトッピングカレー」。チキンカツ、フィッシュフライ、ゆで玉子、ソーセージ、フライドオニオン、チーズ、ポテトサラダ…など、10種のトッピングから3種を選ぶようになっています。さらに、ルーは「マイルド」と「ジャワ(辛口)」の2種からセレクト可能。気分や空腹度合いによって自分好みにカスタマイズできるのが、リピーター続出のワケなのだそうです。

この日は、日替わり野菜、アボカド、キノコの3種をチョイスして、ヘルシーなカレーに。アボカドは意外なトッピングに思えますが、カレーがマイルドな味わいになると、女性をはじめ多くのファンがいるとのこと。外食の多いビジネスパーソンは、野菜不足になりがち。そんなときにも、ジャストなカレーといえそうです。

100時間カレー B&R 神田店

営業時間:平日11時30分~15時30分、18時~21時30分/土日祝日11時30分~15時30分、18時~21時
住所:東京都千代田区内神田2-9-11 鉄鋼新聞第2ビル 1F

飲むように、無心で食べたくなる味わい!「カレーは飲み物。」

黒い肉カレー赤い鶏カレー
「黒い肉カレー」は890円。カップに入った「赤い鶏カレー」は790円。
小盛~山盛まで、すべて価格は同一。

3位を受賞した「カレーは飲み物。秋葉原店」は、インパクトのある店名で、一躍有名になったカレー店です。コンセプトは「ホテルで出されるような高級カレーを、1,000円以下でお腹いっぱい食べられる店」。

メニューは、コクのあるクリーミーな「黒い肉カレー」と、スパイシーなスープ状のトマトカレー「赤い鶏カレー」の2品。ともに、コーンマヨ、バジル、らっきょう、福神漬け…など、10種のうち、3つを選んでトッピング可能です。

うち、ダントツ人気なのが「黒い肉カレー」で、牛肉のダシにマスカルポーネでコクを加え、さらに、そばのかえしで安心感のある風味をプラスした、奥行きのある味わい。トッピングのオススメは、フライドオニオン、味玉、ポテトサラダの3点。とくにフライドオニオンをプラスすると、ボリュームはもちろん、甘味と香ばしさがアップ! よりリッチな味わいが楽しめます。

辛さとトマトの旨みが詰まった「赤い鶏カレー」は、パクチー、スライスアーモンド、ツナマヨも、相性抜群。こちらは女性に人気とか。じんわりと汗の出る辛さで、トマトの旨みもたっぷり!

日々頑張る自分へのご褒美に、ちょっと贅沢気分でカレーを…なんて日に、訪れたい店です。

カレーは飲み物。秋葉原店

営業時間:11:00~16:00、17:30~21:30(売り切れ次第終了)
住所:東京都台東区台東1-9-4 片岡ビル 1F

本場のケバブ×日本風カレー!ミックス技が光る「いわま餃子」

ケバブカレー秘伝のスパイス
「ケバブカレー」(800円)は、らっきょう・福神漬け付き。

受賞は逃したものの、ケバブ×カレーのミックス技が光っていたのが「いわま餃子」。ほかにはないカレーを…と「餃子カレー」を考案し、その後、さまざまなメニューをスタート。現在のイチオシは、イラン人シェフが手がける本場の味をミックスした「ケバブカレー」です。

ルーは、バターと玉ねぎの風味が詰まったやさしい味。そこにケバブの旨みと深みある香ばしさをプラス!ケバブは、何十種ものハーブ・調味料に漬け込み、遠赤外線でじっくり焼いて、本場そのままの味に仕上げているそう。ソースで食べることの多いケバブの、新しい美味しさを発見できます。

オススメの食べ方は、イランで調合した秘伝のスパイスを加えること。汗が出るほどの辛さですが、病みつきになる人続出とか。現地では、元気のモトと呼ばれているスパイスだそうなので、パワフルに動きたいときに、食べてみては!?

いわま餃子

営業時間:平日11時30分~21時30分(LO 21時)/土・日・祝日定休
住所:東京都千代田区三崎町3-1-1

バー「Eblack」がつくるカレーは、お酒の〆に…がコンセプト!

本日のおすすめスープカレーグレンモーレンジ オリジナル
昼は「牛すじスープカレー」ライス・サラダ付きで、980円、
夜は「本日のおすすめスープカレー」ライスorパン付きで、1,080円(チャージ320円)。
「グレンモーレンジ オリジナル」のハイボールは、1,130円。

決勝戦の常連店「BAR&FOODS Eblack(エブラック)」は、ランチを中心に、バータイムにもスープカレーを提供している店。そのためコンセプトは、お酒の〆や飲み過ぎた翌日でも美味しく食べられるカレー! 看板メニューの「牛すじスープカレー」は、味が濃く、スパイスはピリリと強めの味わいです。ちなみにスープが黒いのは、じっくりローストしたスパイスを使用しているから。ローストすることで、コクと深みが生まれるとか。

脂っこさがなくさっぱりしているのも、同店のこだわり。3日間かけてつくられるスープのダシは、牛すじと鶏ガラ。旨みだけを残して、肉から出た油分は取り除いているのだそうです。さらに、一般的なスープカレーは素揚げにした野菜を入れますが、同店が使うのは蒸し野菜。深夜の胃袋にも、やさしいメニューとなっています。

常連客には、お酒とともに楽しむ人もおり、オススメは「グレンモーレンジ オリジナル」のハイボールとの組み合わせ。フルーティでさわやかなウィスキーの香りが、スープカレーの旨みを引き立ててくれます。一日の〆にお酒とともに…なんて、新しいカレーの楽しみ方、試してみてはいかがでしょうか。

BAR&FOODS Eblack

営業時間:11時50分~14時、18時~深夜/日・祝日、第三土曜定休
住所:千代田区神田小川町3-11 ダイワビルB1F