d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2015 Sep.4
Topic on Dream ~夢に効く、1分間ニュース~ Vol.99

メイクで人生が変わるかも!?自宅でメイクアップ講座を開業する秘訣とは

メイクをする様子

女性の魅力を引き出し、また大きな楽しみでもあるメイクアップ。趣味の延長でメイクアップスクールに通っていたら、メイクの魅力にハマり、自宅でメイクアップ講座を開いたり、自分のできる範囲でヘアメイクアップアーティストとして活動をする方もいるそう。

自宅で個人メイクレッスンを開業している中村美穂さんもそんな女性の1人。メイクアップに目覚めたきっかけや開業までの道のり、自宅開業のメリット、デメリットなどお話を伺いました。

きっかけは
「自分と同じような悩みを持つ人をキレイにしたい」という想い

私は11年勤めた証券会社を、33歳で、結婚、寿退社した後、結婚とともに、名古屋から上京しました。専業主婦を夢見ていたので、夢を叶えることはできたのですが、しばらくすると何か活動したい意欲にかられました。以前から自分自身コンプレックスがあってメイクの研究をしていたので、自分が得意なこと、自分が楽しく輝ける仕事を、と考えてメイクのお仕事に就こうと思いました。

ヘアメイクだけではない、総合的な美しさを。
「イメージコンサルタント」を目指してスクールへ

メイクといえば、テレビや雑誌で活躍するようなモデルさんを相手にするメイクさんが主流ですが、私は自分と同じような悩みを持つ、普通の方々をキレイにすることに断然興味がありました。しかし、人は誰かを美しいと感じるとき、髪型やメイク、姿勢、立ち居振る舞い、洋服、センスなどを総合的に判断します。女性が美しくなるために、メイクはたった一部分でしかない、そう思ったことから「ヘアメイク」ではなく「イメージコンサルタント」への道を選ぶことにしました。そこで、メイク・パーソナルカラー・骨格診断が学べるスクールを選び通いました。短期集中で学べましたので、習得にかかったのは3か月ほどです。スクールに通うことで、それまで自分の中では感覚的だったことが、理論的に説明できるようになったことが大きな収穫です。

スクールに通う費用は独身時代に貯めていた貯金から捻出しました。美容系のスクールは、値段が高い傾向がありますし、スクールへの投資金額が回収できないリスクも考えましたが、逆に大きな金額を投資した分、ビジネスを頑張ろうと思えました。

夫の転勤を見越して自宅開業を決意。
そのメリットは産休育休のときに発揮!

個人事業主として将来の売上が未確定でのスタートとなると、賃貸などはリスクが高いと思っていたので、初期投資が抑えられる自宅開業はとても大きなメリットでした。

その他に自分の力を試してみたかったこと、また、主人が転勤族であり、場所を変えても自分のペースで働けるようにと思い、自宅開業の道を選びました。

そして開業後、おかげさまで売上が安定し、賃貸マンションを借りようと思っていた矢先に妊娠が分かり産休に入りました。もし、賃貸でサロン経営をしていたら産休育休の間、家賃をどうしていたのかと思うと怖いですね……自宅でよかった!と改めて実感しました。

実は今後、自宅サロンを続けるかどうか迷っているんです。東京近郊にはレンタルスペースが豊富にあるので、子どもが小さく営業日が限られる間は利用も検討しようかと思っています。フルタイムで働くようになれば、賃貸も検討するかもしれません。

また、出産前はフルタイムでお仕事をお受けしていましたが、出産後は、まずは土日のみの営業にしようと検討しています。子どもがもう少し大きくなれば、平日の営業を増やすなど、変えていこうと思っています。

ただこれも、個人事業主だからこその柔軟性であり、子どもを持つ女性には、願ってもないワークスタイルなのかもしれません。営業日、労働時間、場所、内容、すべて自分で決めることができます。自分、家族にとって幸せな働き方のひとつだと思っています。

お客さまの笑顔が一番の喜び。婚活がうまくいったとの報告も

メイクレッスンは、お顔のことなので、誰にも相談できず、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。普段誰にも見せない素肌を拝見させていただきますので、こちらも本音でお話をするように心がけています。悩みをお聞きし、解決テクニックを提示し、少しでもお役に立てたと実感できた、お客さまの満面の笑みを見られたとき――「女性はメイクで人生が変わる」ということをお客さまと一緒に体感できたときは嬉しいですね。婚活中のお客さまから婚約の報告をいただいたこともあったんですよ。

私のブログでは、ビフォーアフター写真を掲載させていただいております。どのお客さまも、アフターは、とても良い表情をされます。メイクがキレイになったのではなく、心が変化したのだと思っています。

小さな自宅開業のサロンですが、お客さまは、日本全国はもとより世界中から足を運んでくださります。大きな驚きとともに、必要とされる存在になれたのかと、メイクの仕事に使命を感じるようになりました。

ヘアメイクを通じて女性に笑顔をもたらすだけではなく、理想的なワークライフバランスを実現している、中村さんの「イメージコンサルタント」という仕事。きっかけは「自分が楽しいと感じること」という等身大の発想は共感できますね。

現在は育児休業中とのことですが、秋ごろを目処に再開を検討中とのこと。今後の中村さんの活躍が益々楽しみです。

文・真貝友香