d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2014 May.29
d for Debut! —夢を広げる“ハジメテ体験”のススメ— Vol.7

リラックス重視の〈ヨガ〉で
頭&身体を、軽やかに!

「d for Debut!」は、ライフスタイルや趣味の幅を広げてくれるさまざまな体験を、みなさまに紹介するコーナー。d-laboスタッフが、“ハジメテ”体験をレポートします。

ヨガといえば、女性を中心に人気の習いごと。フィットネスクラブなどで体験したことのある人もいるのでは?しかしなかには、身体が硬くて断念した…という人も多いはず。今回、『ヨーガ療法士』の小野菜津子先生が教えてくれるのは、呼吸&リラックスを重視したヨガ。身体も頭もコチコチのビジネスパーソンにぴったりとか!記事の最後では、今日から実践できるヨガの知恵もお伝えします。

リラックス重視の〈ヨガ〉で 頭&身体を、軽やかに!

ヨガは、自分を知るためのツール

小野菜津子先生

今回指導してくれたのは、指導歴9年の小野菜津子先生。先生によれば、ヨガの目的はポーズでなく、瞑想を行なうことにあるといいます。

「ヨガの語源は、『結びつける』を意味する言葉。究極のゴールは、“完全なる自己受容” “すべてからの自由”なんです。瞑想により日常生活で乱れたバランスを取り戻し、心・身体・思考を結びつけて、人間本来の調和状態に戻しましょう!現代人の過度な緊張やストレスからも自由になることができますよ。そのため私のレッスンは、ポーズの美しさを追求するのではなく、深い呼吸で自分の心身と向き合えるような内容になっています。具体的な進行も、参加者の体調などを聞いてから決めるので、身体が硬くても大丈夫です」

また先生はレッスンを通し、「心身の感覚を磨いて欲しい」といいます。

「例えば腰痛ひとつとっても、ストレスなどの精神的なもの、股関節の硬さ、姿勢の悪さ…と、その原因はまちまち。ヨガの動きを行なうなかで、なにが気持ちいいのかを自ら探し、身体の調子を感じとってください。効いていると感じるポーズを見つけたら、セルフメンテナンスも適切に行なえるようになりますよ」

普段運動不足でも身体が硬くても心配無用。そのうえ自宅での体調管理にも活かせるとは、多忙なビジネスパーソンにとっていいことづくめかも…と、気分が盛り上がったところで、レッスンを開始してもらいましょう!

レッスンの様子

肩凝り・ゆがみ・睡眠不良…、現代人の悩みに最適!

レッスンの様子

会場となったのは、スルガ銀行二子玉川支店/d-labo内の一室。挑戦するのは、髙城彩美ほか4名です。全員ヨガは初体験!体調チェックからレッスンは始まります。「身体の気になるところを教えてくださいね」という先生に、画像手前の髙城から順番に、回答していくことに。

レッスンの様子

髙城はパソコンに向かう時間が長く、慢性的な肩凝りに悩まされているそう。「マッサージに行っても、またすぐに凝ってしまって…。運動不足も原因かなと思っています」とのこと。これには、「無理せず、イタ気持ちいい動きを探ってみましょうね」と先生。

同じく女性の長谷川は、週1でボクシングジムに通っているそう。「早い動きが好きなので、スローなヨガは合うかな?と、期待と心配が半々。せっかちな性格なんです」とか。そんな長谷川に、先生はこんなアドバイスをくれました。

「ヨガを通して“今”にとどまる練習をしましょうね。どんどん先のことを考えていくのではなく、今、身体のどこが動いて、なにを感じているのかに注目してみてください」

長年野球をやっている赤川は、身体の左右でバランスが違うと感じているといいます。先生によれば、「ヨガは、スポーツのためのボディメンテナンスにもなりますよ」とのこと。身体のゆがみ矯正にもなるそうなので、姿勢が悪い人にも向いているといえそうです。

島田は、「運動は得意ですが、最近は仕事で歩くだけです」とコメント。仕事のことが頭から離れず、眠りも浅くなりがちと感じているようです。先生曰く、緊張感が強いのは、現代人共通の特徴とか…。

「ヨガでは、緊張・弛緩を繰り返し、だんだんと弛緩した状態に近づけていきます。心身が休まっている状態を感覚として捉え、覚えてくださいね。呼吸では、吐くことに意識を向けて。息を吐く行為は、リラックスを司る副交感神経の働きを高めてくれますよ」

ラストは、参加者最年長の宇津木です。「ストレスからつい暴飲暴食しがち。2年前からランニングをしていますが、贅肉はあまり落ちていません…」と苦笑する宇津木ですが、そんな人にもヨガは効果的と先生。

「深い呼吸で、エネルギーの滞りを流していきましょう。余計なものを身体から排出するイメージで行なうのが重要です。イメージすることで、効果が格段にアップしますよ!」

ビジネスパーソンにありがちな悩みを抱えた5名。疲れ&ストレスからの解放を目指し、いよいよヨガにチャレンジです。

寝た姿勢が多いから、初心者でも安心

レッスンの様子

先生にやさしくアドバイスをもらい、5名の緊張がほぐれたところで、実践編のはじまりです。最初は、背筋を伸ばした座り姿勢から。「座骨を床につけ、その真上に頭がくるように。骨盤は立てるようにしてください」と先生。

レッスンの様子

先生が「オウム シャーンティ シャーンティ…」とマントラ(聖句)を唱えるのを聞きながら心を鎮めます。合掌には、両手を合わせることで左右のバランスをとり、心を中心に持ってくる…という意味があるそう。

レッスンの様子

次は、“屍のポーズ”。深い呼吸を行ないながら、床に触れる身体の面積を感じるのがポイントとか。

レッスンの様子

こんな、脇腹をねじるポーズも。こちらは、ウエスト周りのシェイプアップにぴったり。髙城は、「首筋も伸びて、凝りがほぐれそう」と心地良さそうです。「ねじるときには力を入れ、元の位置に戻ったときには身体が緊張感から解き放たれるのを感じてください」という先生の言葉に、「ねじった側だけ、力が抜けたのがわかります!」と長谷川。普段横になっているときとは異なる、筋肉の弛緩状態に、感動した様子です。

レッスンの様子

動きは、少しずつ大きくなっていきます。脚の裏を伸ばす姿勢では、メンバーから「うぅ…」と声が漏れてきました。これを見ながら、「膝の角度など、一番イタ気持ちいい位置を探してみてください。身体の快・不快を探ることは、ライフスタイルにも影響してくるんですよ」と先生。

心地よい体勢を知ることで、生活のなかでも無理のない姿勢が自然にとれるようになるのだといいます。さらには、心の快・不快にも敏感になり、自分らしい毎日が送れるようになるとか!ヨガは、周囲の目や常識ばかりに捕われがちな人にも、向いているといえそうです。

ラストには、リラックス度が最高潮に

レッスンの様子

レッスンのなかでは、ヨガの動きを行ないながら、先生がさまざまなアドバイスをしてくれます。「仰向けで膝を抱えたポーズの際にアゴが上がりやすい人は、普段から肩をすくめがち。姿勢に気をつけましょう」とコメント。「なるほど…。肩凝りは、不自然な姿勢からきているのかも」という髙城のように、不調の原因に気づくきっかけにもなりそうです。

レッスンの様子レッスンの様子

動きは、横になった状態から、姿勢を上げたものへと移行していきます。今回は体験用のミニレッスンを組んでもらいましたが、普段は90分かけ、参加者に合わせたポーズを指導してくれるそうです。

レッスンの様子

生活に取り入れやすい動きも多く、例えばこのポーズは、就寝前にオススメ。頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」のツボを刺激して、頭の緊張をほぐすとともに、腕の動きで肩の凝りも解消できるとか。

レッスンの様子レッスンの様子

いくつもの動きを終えたら、再び“屍のポーズ”です。「息を吐くときは不要なものを身体の外に出し、吸うときにはエネルギーを取り込むイメージで」と先生。最初よりも、床につく身体の面積が広くなっていれば、リラックスが深まった証拠だそう。先生の鳴らすティンシャ(チベットシンバル)の音を聞きながら、5名はすっかり、リラックスしきった様子です。

レッスンの様子

ラストは合掌し、先生とともにマントラを唱えます。先生によれば、「オウム」は“すべて”、「シャンティ」は“平和・調和”を意味するとのこと。

「『シャンティ』を3回唱え、1回目は自分自身の調和を、2回目は周囲の調和を、3回目はもっともっと大きな調和を願いましょう。ヨガを実践していると、身体が軽くなるとともに、心まで軽やかになり、他人にも優しくなれるんですよ」

そんな先生の言葉とともに、レッスンは終了!さて、仕事で凝り固まった5人の心と身体はどう変化したのでしょうか…?

レッスン後は、オーバーヒート気味な頭がスッキリ!

レッスンの様子レッスンの様子

ヨガ初体験を終えた、スルガ銀行二子玉川支店/d-laboの5名。なんだか、表情まで明るく変化したような!?さっそく、感想を聞いてみると…。

「徐々に身体の重みを感じるようになり、リラックスしていくのがわかりました」

「身体の隅々まで血流がよくなった感じ。身体の奥から汗をかいた気がします」

「腰が痛いと思っていたんですが、肩も凝っていたなと実感しました」

「視界が広くなった感じがします。整体に行ったあとより、爽快です!」

「ヨガの呼吸を通して、普段の呼吸がいかに浅いかに気づきました」

どうやら、ヨガの心地よさにすっかり心奪われたようです。

これを聞き、「今回行なった動きは、手軽なものばかり。自分に合っているものを見つけたら、家でも行なってみてくださいね」と先生。「なかでも、日頃から実践すべきものはありますか?」という髙城のため、2つの動きを教えてもらいました。今日からヨガの良さを実感したい!という人も、是非取り入れてみてください。

〈今すぐはじめる&役立つ プチDebut講座〉

■一日のはじまりを、爽やかに

レッスンの様子
レッスンの様子レッスンの様子

一日のはじまりに取り入れたいのが、この動き。まず、手の親指をつなぎ、伸びをします。内腿を締め、つま先までピーンと伸ばして伸びきったら、全身の力を抜きます。次は、手の指を組んで裏返し、腕を伸ばします。踵は立て、脚もしっかり伸ばして。その後再び、全身をリラックス。「緊張・弛緩を繰り返すことで、自律神経を整えることができますよ。起床時に腰が痛い人にも、最適です」と先生。

■疲れやすい人は、コレを意識!

レッスンの様子

一日中心がけておきたいのは、股の中央を引き締めること。おしりの穴を締めたり、排尿をがまんするイメージで行ないます。先生によれば、「ヨガでは、ここを締めることでエネルギーの浪費を防げるとされているんですよ」とか。レッスンの最初で登場した背筋を伸ばした座位のポーズで行なうと、わかりやすいはず。鼻から吸って鼻から吐く深い呼吸とともに、ぜひ練習してみてください。

疲れ&ストレスから自由な心身を目指す本格ヨガ、いかがでしたでしょうか。数多くの教室があるヨガだからこそ、自分にあったレッスンをみつけるのがおすすめ。ヨガで心身がほぐれれば、ビジネスもプライベートも、より充実したものになること、請け合いです!

Information 1

natsu yoga 小野菜津子氏

インド中央政府科学技術省公認ヨーガ講師、ヨーガ療法士。全米ヨガアライアンス YogaArts Level1 Teacher Training修了。多くの指導家に師事し、多様なスタイルのヨガとともに、ヨガの思想・叡智、サンスクリット語なども学ぶ。現在は「natsu yoga」のレッスン名で、二子玉川の自宅を中心に指導中。

公式サイト
http://natsuyoga.com

Information 2

目的ローン「自己啓発・留学プラン」

新しい趣味や習い事を始めて、人生をもっと楽しく有意義に過ごしたいという方におすすめなのがスルガ銀行の「目的ローン『自己啓発・留学プラン』」。各種スクールの授業料や留学資金にご利用いただけます。返済回数は最高84回払い。電話やウェブからお申込みいただけます(銀行への来店不要)。

※審査の結果、ご希望にそえない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

レッスンの様子

詳しくはこちらから。
http://www.surugabank.co.jp/reserved/landing/mokuteki/

写真 蟹由香