d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2014 May.23
Topic on Dream ~夢に効く、1分間ニュース~ Vol.28

日曜日の代々木公園は
ヨガとピラティスの聖地だった!

流行りの「ヨガ」や「ピラティス」。「習ってみたいけど、教室に通うのはちょっと大変…」と思っている人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、大手のスクールで活躍するプロの講師たちが、公園で開催している個人サークルです。春や秋に公園に足を運ぶと、たくさんのヨガ会やピラティス会が開催されていることに驚くはず。初夏の代々木公園を訪れると、午前中だけでなんと10組の会が催されていました。

日曜日の代々木公園はヨガとピラティスの聖地だった!

空間的にも心理的にも解放感!公園で開催するメリット

緑の木々が風にそよぎ、太陽の光がまぶしく輝く、初夏の代々木公園。日曜日の朝に足を運ぶと、散歩をしたり日なたぼっこをしたり、人々が思い思いにゆったりとした時間を過ごしています。

そんな中でひときわ目立つのは、ヨガやピラティスをするグループです。3~4人の少人数グループから、40人を超える大所帯グループまで、公園をぐるっとまわると、10組ものヨガ会やピラティス会が開催されていました。

大手スクールのピラティス講師・新見イタルさんが開催する「パークピラティス」では、7人の女性が参加。仰向けの状態で呼吸を整えるところから始まり、腹筋や背筋を鍛えられそうなちょっぴりハードなポーズもこなしていきます。レッスンは約1時間。今回で2回目の参加という吉田陽子さんは、「青空の下で体を伸ばすと、心までのびやかになります。目を閉じて太陽の光をぼんやりと感じられるのが心地よくて、全身を動かしながら1週間の疲れがとれるような気持ちになります」といいます。

芝生の感触を確かめながら空を見上げると、心も晴れやかに。
芝生の感触を確かめながら空を見上げると、心も晴れやかに。

「参加者の募集は、ブログやFacebookが中心。開催は午前中が多いですね」と話す主宰の新見さん。もともとは音楽業界で昼夜なく働くサラリーマンでしたが、運動で体を整える重要性に目覚め、ピラティスの講師に転身。以後、体を酷使しがちな現代人のトレーニングサポートに励んでいるのだそう。

「公園で開催するメリットは、空間的・心理的な解放感にあります。だから、呼吸がより深まります。裸足になって大地を踏みしめると、普段使っていない新しい感覚が芽生えるのではと考えています」と新見さん。

ピラティス会をしたあとは、お弁当を持ち寄ってピクニックをすることも多いのだそう。
ピラティス会をしたあとは、お弁当を持ち寄ってピクニックをすることも多いのだそう。

代々木公園のほかにも、新宿御苑や石神井公園など、大きい公園に足を運ぶと、さまざまな会が開催されているようです。お天気のよい日には、公園で体を動かしてみてはいかがでしょうか。