d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

特集

特集TOP

2013 Oct.1
SURUGA Activity Vol.14

ランナー必読!
走るって気持ちいい!
皇居一周ランニング

世は空前のランニングブーム!
2020年には東京オリンピック開催も決定し、人々のスポーツ熱はますます高まっています。これまでもロードバイクやスカイスポー ツ、ダイビングなど、さまざまなスポーツを楽しむ人たち、自らの「夢」に挑戦する人たちを応援する商品を開発してきたスルガ銀行パーソナルファイナンス部。そのモットーは「自ら体験してみる」ことです。

今回は「人気のランニングでみんなの夢の応援ができないか」と考えているランナーズ・アクティビティのメンバーが、月1回のペースで行っている皇居一周合同練習の模様をお届けします。

ランナー必読!走るって気持ちいい!皇居一周ランニング

一周5キロのコースを楽しく走る

「月に一度はみんなで走ろう!」

そんな提案からはじまったのが皇居一周の合同練習。
この日、集まったのは戸塚、内田、相馬の若手女子社員3人。神保町のランナーズステーションで完成したばかりのおそろいのユニフォームに着替えた3人は、軽い準備運動のあと、さっそくお堀端を走り出します。

準備体操を念入りに行う3人準備体操を念入りに行う3人
準備体操を念入りに行う3人

「ウッチー、ゆっくりね~」とお願いするのは戸塚と相馬。内田は7月に河口湖の富士北麓公園で開かれた24時間リレーマラソンに出たばかり。対して2人は合同練習に参加するのははじめて。走ること自体ひさしぶりです。釘を刺しておかないと置いてけぼりを食ってしまいそうです。

「OK、OK。気持ちいいペースで走ろうね」

と内田。3人は竹橋から清水濠を横目に見て、ジョギングペースで皇居のまわりを反時計回りに走っていきます。皇居といえばランニングのメッカ。信号がなく景色に変化があるコースは「走りやすいし楽しい」とランナーに大人気です。一周5キロという長さもちょうどよし。途中にはトイレや水場もあるし、場所柄、お巡りさんが多いので夜も安心。休日はもちろん、平日も出勤前や会社帰りにランニングを楽しむ人が大勢います。そうしたランナーのために付近にはシャワーやロッカーを完備したランナーズステーション(ランステ)も何カ所か用意されています。オフィス街にも隣接しているし、市民ランナーにとってはまさにランニングの神様が与えてくれたような場所です。ただし、あまりに走る人が増えすぎて事故やトラブルが目立つようになったのもまた事実。そのため「走るときは反時計まわりで」「並走は2人まで」といったマナーが推奨されています。3人もちゃんとマナーを守って他の人の邪魔にならないように走っていきます。

皇居一周は、竹橋からだと、平川濠から乾門、首都高速の向こうに千鳥ヶ淵を見て、半蔵門、桜田門へと下って行きます。左手には深い濠や皇居の緑。右側は車道。

都会らしさと自然の両方が味わえるのがこのコースの魅力でもあります。

早朝の皇居脇を走る三人
早朝の皇居脇を走る三人

マラソン大会参加から「ランナーズアクティビティ」へ

「ひとりもいいけど、やっぱりみんなで走るのはいいね」

「そうだねー」

会話をしながらゆったりと走る。
会話をしながらゆったりと走る。

体に無理のないゆったりしたペースなので自然と会話がはずみます。

社内にも趣味やダイエット目的で走っている人は少なからずいるスルガ銀行ですが、実はこんなふうにチームで走るようになったのはつい1年ほど前からです。

きっかけをつくったのはパーソナルファイナンス部のメンバーである平塚在住の女子社員。毎年、『湘南国際マラソン』に参加していた彼女の呼びかけで去年の大会に上司や同僚が参加。10キロレースを走ったところ、「これは楽しい!」と全員がランニングの魅力にとりつかれてしまったのです。海沿いのコースを大勢で走るのも楽しいし、なにより単純に走るのが気持ちいい。そしてゴールしたあとの「乾杯!」の味は一度体験したら忘れられるものではありません。

このときに「何かランナーをサポートするサービスはできないものかな」と話し合った結果、「それなら自らがランナーとなって、どんなことが出来るのか考えてみよう」ということで発足したのが「ランナーズアクティビティ」。

別に実業団のような本格的な活動ではありませんが、社内に大勢いるはずのランナーたちが集まれば「きっと何かおもしろいことができるはず」。「皇居一周合同練習」もそんな想いからはじまったものです。河口湖での「24時間リレーマラソン」への挑戦もまたしかり。

昨年の『湘南国際マラソン』では7名だったメンバーは、このリレーマラソンでは15名に増加。24時間をかけて1周約1.6キロのコースを150周しました。さらに今年の秋には『しまだ大井川マラソン』や二度目となる『湘南国際マラソン』に出場の予定。『しまだ大井川マラソン』では42.195キロのフルマラソンに挑戦するメンバーも。こんな感じで、活動は今後もどんどん広がっていきそうです。

「ランステ」をオープン?

今回作成したオリジナルユニフォーム
今回作成したオリジナルユニフォーム

おしゃべりをしながら走る3人の胸と背中にはd-laboのロゴ。ナイキの最新モデル、しかもピンク色というオリジナルユニフォームは注目度満点。すれ違う人やドライバーたちの視線を釘づけにしています。皇居警備のお巡りさんたちも見ていないふりをしてしっかり見てくれているようです。

「機能性+かわいさ」を求めてわざわざつくったユニフォームです。「かわいい」と感じてもらえればオーダーした甲斐があるというものです。

「何かランナーをサポートできるサービスは出来ないかな?」

「定期預金のキャンペーンなんかはどう?」

「でも、定期預金のキャンペーンだけで終わらせたくないねえ」

「どっかの大会に協賛とかできないかな」

「いっそ冠スポンサーになれないかな」

「海外のレースとかにも出たいな~」

「いいね、それ!」

言うのは勝手とばかり、妄想を繰り広げる3人。めざすはランナーの「夢」をサポートすること。それを知りたいがゆえに、自分たち自身がランナーとなって走っているのです。

「うちの会社でもランステをやりたいね!」

自分専用のロッカーでも欲しいのでしょうか。内田が言い出しました。

「横浜のベイサイドとかいいんじゃない?」

「鎌倉とか湘南は?」

「やっぱり富士山じゃない?」

戸塚も相馬も乗り気です。ロードバイクについては御殿場、湯河原にサイクルステーションを持っているスルガ銀行。これは案外現実的なプランかもしれません。

それに本店や支店のある静岡や神奈川は海あり山あり河川あり。ランニングには絶好のロケーションといえる場所ばかりです。

景色を楽しみながら走る様子
景色を楽しみながら走る様子

半蔵門を過ぎたら三宅坂、そして桜田門。右を見ると道の先に国会議事堂が見えます。そして海上保安庁に警視庁。次々に現われる官庁の建物を見ていると何だか社会科見学に来た小学生の気分です。考えてみると、国の中枢でこんなふうにランニングが楽しめるなんて贅沢なことなのかもしれません。

皇居を走る気持ちよさ

桜田門からは内堀通りの長い直線。広々とした皇居前広場から大手門を通過して和気清麻呂像へと向かいます。二重橋の向こうにちらりと伏見櫓を見て、クロマツが見事な広場を抜け、そして大手門。この付近は「あー皇居を走っているんだ!」

と感じさせてくれるエリアです。右側には東京駅の煉瓦駅舎も見えます。空は広いし、気分は最高。観光に来た人たちでしょうか、すれ違うおばさんたちが「がんばってー!」などと声をかけてくれます。よそから来た人たちから見たら、皇居一周のランナーというのは名物というか風物詩のようなものなのかもしれません。

和気清麻呂像前でコースは左折。気持ちのいい木陰を走っているうちにゴールの竹橋が見えてきました。

ゴールまであとわずか!
ゴールまであとわずか!

「これで5キロ?」

「そうだよ。あんまりバテていないでしょ?」

「湘南国際マラソンはこの倍か。いけそう!」

1ヶ月後の『湘南国際マラソン』に出場予定の相馬は自信がついた様子。「せっかくあんなに頑張ってエントリーしたんだから完走しなくちゃ!」とはりきっています。

通常、マラソン大会というのは数ヶ月前にエントリーが始まります。『湘南国際マラソン』のように人気のあるレースはエントリー開始とともに応募が殺到します。

今年の一般募集は6月1日の20時から。スルガ銀行ランナーズでは3人のメンバーからなる特命チームを編成し、スタートとともにサイトにアクセス! ………しようとしたのですが、ものすごい混雑のためになかなかエントリーフォームにたどりつけず、結局、全員分の申し込みができたのは深夜になってから。エントリー自体がすでにマラソン状態というすごいことになっていたのです。そうまでして手にした出場権利。やっぱりちゃんと完走したいものですね。

この日はおしゃべりをしながらだったのでタイムは約40分。本番のレースではもう少し速いペースで走りたいところです。ユニフォーム完成祝いもかねて記念撮影をした3人はランステのシャワーで汗を流し、走ったあとならではの気持ちのいい疲れを感じながら皇居をあとにしたのでした。

記念撮影!
記念撮影!

Information

ランナー応援「定期預金キャンペーン」

毎年5月に開催される北海道の「洞爺湖マラソン」。それに参加する1泊2日もしくは2泊3日の「洞爺湖マラソンツアー」が当たるキャンペーンです。キャンペーン期間は2013年10月1日(火)から12月20日(金)まで。期間中、エントリーフォームよりキャンペーンにエントリーされ、ANA支店の「スペシャルギフト付き定期預金」お預けいただいたお客さまの中から抽せんで5名さまにANAセールス主催の「洞爺湖マラソンツアー2014」をプレゼント。また2等として「ランナーズボトルポーチ」を30名さまにプレゼントいたします。

※こちらのキャンペーンは終了いたしました。

ランナー応援「定期預金キャンペーン」