d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

静岡

2018年9月2日(日) 13:30~15:00

ドローンってなに?
~意外と知らないドローンの魅力に迫る~

ドローンってなに? <br>~意外と知らないドローンの魅力に迫る~
近年話題の無人航空機「ドローン」とは何か?多くの産業分野で活躍し始めたドローン。今回はそんなドローンの意外と知られていない語源や種類・用途、現在の活用事例などを、初心者の方でもわかりやすく、映像を見ながら解説していただきます。今後ドローンは私たちの暮らしにどのように浸透していくのか?法規制などのお話も併せてお教えいただきます。

◇募集期間:2018年7月23日(月)~9月1日(土)
◇定員:30名
宮尾 裕宣、森下 剛
 
静岡

2018年8月18日(土) 13:30~15:00

正多面体の美しさ
~親子で数学の楽しさを感じてみませんか~

正多面体の美しさ <br>~親子で数学の楽しさを感じてみませんか~
正多面体とは、どの面も合同な多角形で囲まれた立体で、この世界には正多面体は正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体のたった5種類しかありません。今回は、1対ルート3の長方形の紙で作った紙パーツを使って親子で正多面体を作っていただくワークショップセミナーです。お子さまの夏休みの自由研究課題にいかがでしょうか。

◇募集期間:2018年6月14日(木)~8月17日(金)
◇定員:10組20名(要予約/先着順)
◇対象:小学4年生以上のお子さまと保護者さま
山田 邦彦(やまだ くにひこ)
静岡サレジオ高等学校 数学科教諭
静岡

2018年8月2日(木)~8月15日(水)
月~金曜日 10:00~19:30/土日祝日 10:00~18:00
(最終日は17:00まで)
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。

真野東平写真展「トラベルフォト - オランダ他」

真野東平写真展「トラベルフォト - オランダ他」
真野氏はこれまで独特のスタイルの写真作品を数多く発表してきました。今回は昨年のヨーロッパ旅行中に撮影したオランダ、ベルギー、ドイツの写真を15枚ほど展示します。d-labo静岡でヨーロッパの新しい風を感じてみませんか。

<真野東平氏より>
昨年、オランダのアーティストの友人にワインでも呑みに来ないかと誘われたが、まさか飛行機に乗って出掛けていくことになろうとは思ってもみなかった。しかし全ての事情がうまく噛み合い、8月初旬オランダ、ベルギーを中心とした2週間の旅行をすることができた。美術館ではレンブラントやフェルメール、そしてゴッホの絵画も鑑賞した。しかし、もっとも驚いたのはオランダという低地の国の、どこまで行っても天高く広がる空の雄大さだった。オランダの風景画の秘密はそこにありますとガイドさんがこっそり教えてくれた。旅と写真はよく似合うと言う。今回の写真展を通してヨーロッパを理解するための「もうひとつの窓」を提供できたらと思う。
真野 東平(まの とうへい)
静岡

2018年7月21日(土) 13:30~15:00

貴方だけの今年の花火を撮ろう!

貴方だけの今年の花火を撮ろう!
基本に忠実にそして準備を整えれば誰でも美しい花火写真の撮影をすることが出来ます。しかしなかなか 思ったような写真が撮れないとお悩みの方はいませんか?そこで今回は杉山氏をお招きし、花火大会シーズンの前に基本的な撮影方法、さらにステップアップした個性的な花火の撮影方法と自分だけの一枚を撮 るためのアドバイスをしていただきます。真夏の大空をキャンパスに、貴方だけの一枚の花を描いてみませ んか?

◇募集期間:2018年6月4日(月)~7月20日(金)
◇持ち物:筆記用具 (講義のみ)

第3回 杉山美矢子写真展「花火に恋して」
第1部「熱い夜」2018年7月18日(水)~7月30日(月)
第2部「彩りの時」2018年8月17日(金)~8月31日(金)
時間:月~金曜日 10:00~19:30/土日祝日 10:00~18:00(最終日は18:00まで)
場所: d-labo静岡 ANNEX静岡伊勢丹3F
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。
杉山 美矢子(すぎやま みやこ)
  
静岡

2018年7月3日(火)~7月16日(月・祝)
月~金曜日 10:00~19:30/土日祝日 10:00~18:00
(最終日は16:00まで)
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。

日野岡邦彦 うるしアート展

日野岡邦彦 うるしアート展
自然からの贈り漆の器では表現しきれない思いを感じるままに、木材へ描いたアート作品を中心に、器や一輪挿しなども展示いたします。物である漆の新たな世界を感じてみませんか。

<日野岡邦彦氏より>
漆は不思議なものであり、きままなもので自分の思うとおりにならない恋する相手の様です。難しい相手に恋をして、云う事は全て受け入れ、忍耐力を培って今迄きました。漆は自然からのおくりものであり、弥生時代からの日本独自の文化であり、使うもの、そして見るものとして、その可能性を求めて、ものづくりをやってきました。作品から何かを感じていただければ幸いです。

<日野岡氏 旧友 作家・村松友視氏より>
写真集を送ってもらい、漆のアート作品に仰天、感服しました。木の木目を生かすなどというレベルではなく、木目をアートの世界に参入させてしまうかのような展開に目をみはりました。漆はいわゆる用の美の範疇にあるものという常識も、吹っ飛びました。このようなアーティストとしてのセンスと才能を、日野岡邦彦の軸として何も見ないまま77歳になっている自分の迂闊さにも飽れるばかりですが、これだけの時をかけて発見する人の魅力もあるものかという感動もかさなって、ま、生きててよかったってことかというあたりへ落し込んでいます。

※入場無料

【在廊日】
7月3日(火)、7日(土)、8日(日)、11日(水)、14日(土) ※時間未定

<日野岡邦彦氏と村松友視氏のトークショー>
以下日程にて展示会場d-labo静岡で日野岡邦彦氏と村松友視氏のトークショーを開催します。
【日時】7月8日(日)13:30~14:30
【定員】30名(要予約/先着順)
【募集期間】2018年6月15日(金)~7月7日(土)
日野岡 邦彦(ひのおか くにひこ)
日野岡漆店 店主
静岡

2018年7月7日(土) 14:00~15:30

あなたが作る広報紙をビフォーアフターで無料診断します。
効果的な広報紙デザインはここが違う!

あなたが作る広報紙をビフォーアフターで無料診断します。 <br>効果的な広報紙デザインはここが違う!
会社や地域の広報物においてインターネットやSNSでの告知が主流の時代ですが、伝達方法としての印刷物や身近なカラーコピー出力でのチラシやパンフレットもそれぞれの大きな役割があります。でも、デザインが悪かったら見向きもされません。情報のまとめ方や、キャッチフレーズ、フォントの使い方、配色の工夫、写真やイラストの配置などちょっとしたデザインのコツを知ることで大きな効果を生むことができます。そんな「手にとってもらえる広報紙」づくりを事例を通じてお話します。

■セミナー定員:20名
■受付募集期間:2018年5月1日(火)~7月6日(金)

くデザイン診断をご希望の方>
■デザイン診断:
あなたが作る広報紙やチラシのデータ(ai/Excel/ppt)を元にデザイン診断します。「改訂案(Before→After)を提示しながら、修正点や効果的なデザインの方法を伝授します。
※無料デザイン診断対象サイズ/1枚ものチラシ~8P広報紙まで。

■お申込み期間:
2018年6月10日(日)までに下記アドレスまで作品データを送付してください。
■メースアドレス:
ac-adcook@image.ocn.ne.jp
■診断募集人数:
5名様先着順
※聴講のみの方もご自由に参加ください。
前田ミネオ
アートディレクター
静岡

2018年7月1日(日) 16:30~17:30

グランシップ×d-labo静岡 タイアップセミナー
人形浄瑠璃 文楽の世界

グランシップ×d-labo静岡 タイアップセミナー <br>人形浄瑠璃 文楽の世界
ユネスコ無形文化遺産である「人形浄瑠璃 文楽」について、日本文化の伝統を継承し、海外でも活躍している文楽技芸員のみなさんをお招きし、太夫、三味線、人形遣いのそれぞれの特徴や役割について、実演を交えながらご紹介いたします。グランシップで8月に上演される三谷文楽、来年3月に上演される文楽本公演に備え、より深く公演を楽しむためのお役立ちセミナーです。

◇募集期間:2018年6月1日(金)~6月30日(土)
◇定員:30名(要予約/先着順)
竹本 織太夫、鶴澤 清丈、吉田 一輔
 
静岡

2018年6月30日(土) 13:30~15:30

CHASE YOUR DREAM!!
~東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技種目をより楽しく観戦する教室~

CHASE YOUR DREAM!!  <br>~東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技種目をより楽しく観戦する教室~
2020年7月、東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技のトップアスリートたちが世界中から静岡県に集結し熱い闘いを繰り広げます。なかでもメダル獲得を期待される選手が多く在籍しているのがチームブリヂストンサイクリング。2018年1月には、自転車競技が開催される伊豆ベロドロームに近い三島市へチームの活動拠点を移しました。今回はブリヂストンサイクル株式会社 経営戦略本部の鈴木光広氏をお招きし、トラック競技の種目や観戦ポイントについて解説いただきます。自転車競技に興味はあるけれど観戦経験のない方や、ご家族での参加も大歓迎。知識を身に付けて東京2020オリンピック・パラリンピックの自転車競技を観戦しましょう!
鈴木 光広
ブリヂストンサイクル株式会社 経営戦略本部 経営戦略推進部長
静岡

2018年6月23日(土) 14:00~15:00

盆石 ~砂と石で表現された儚く美しいアート~

盆石 ~砂と石で表現された儚く美しいアート~
盆石とは黒塗りの盆の中に、自然石と白砂で大自然の情景を写す縮景芸術です。日本古来の伝統芸術の一つで、かつては貴族的な遊びであるかのように誤解されてきましたが、今では茶道の次のたしなみとしてどなたでも親しめる大衆的な芸術となりました。今回のセミナーでは盆石とは何か、その歴史や後世に伝えていきたい想いをお話しいただき、実際に盆石の実演を行ないます。海や川の波の動きや、富士山などの大自然を表現する日本の伝統美「盆石」をぜひご覧ください。

◇定員:20名

盆石展
2018年6月22日(金)15:00~6月29日(金)15:00
時間:月~金曜日 10:00~19:00 / 土日祝日 10:00~18:00(最終日は15:00まで)
場所:d-labo静岡 ANNEX静岡伊勢丹3F
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。
安池 照江
 
静岡

2018年6月2日(土)~6月17日(日)
月~金曜日 10:00~19:30/土日祝日 10:00~18:00
(最終日は17:00まで)
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。

永 萩山氏 油彩画展

永 萩山氏 油彩画展
油絵が初めての人にも描く楽しさを知っていただきたいとの思いから、今回「春・里山」をテーマに永氏と一緒に描いた100人(F100号キャンパス)の油絵作品をはじめ、ご本人の作品を10点ほど展示いたします。
また、静岡市清水区の中心に建つ木造建築、築82年の清水教会を遺したいとの思いを受けて教会に関する油絵も3点展示いたします。ぜひご高覧ください。

※入場無料
永 萩山(えい はぎさん)
静岡

2018年5月13日(日) 13:30~15:30

ワークショップ
~穏やかな時間~

ワークショップ  <br>~穏やかな時間~
<講師より>
パリを旅して絵を描くようになり、自分の居場所を見つけたような気がしました。自分を表現する手段を得て、心がとても自由になりました。絵を描く時間、絵のある暮らしは、豊かな時が流れます。スポーツしか知らない「体育会系女子」だった私が、大人になって絵を描くようになったきっかけや「水彩画」、「色」のお話をします。そして 水彩画で森を描くワークショップも開きます。

◇募集期間:2018年2月5日(月)~5月6日(日)
◇定員:20名
※ワークショップにご参加の方は、実費(画材費)お一人さま¥2,000を事前に講師口座へ銀行振込にてお支払いただきます。

松瀬 千秋 水彩画展 ~自然の中で~
2018年4月28日(土)~5月27日(日)
人は昔から空を見上げ、風を感じ、自然とうまく関わりながら生きてきた。近年「人」と「自然」との距離ができ、人の心も自然界もバランスを失っている。人が水辺に憩うのは、私たちが水の中から進化した動物だから。大自然に身を置くとホッとするのは、私たちも自然の一部だから。私が描いたちょっと変わった植物の中で、地球の大自然のこと、体内の小宇宙のことに想いを馳せてみませんか?
松瀬 千秋
現代美術作家
静岡

2018年5月5日(土)①10:30~12:00 ②13:30~15:00

第2回 呉服町こども・ゼミな~る企画 親子で学ぶ和太鼓教室

第2回 呉服町こども・ゼミな~る企画 親子で学ぶ和太鼓教室
全国で活動中の清水太鼓塾代表の中野千恵子氏をお招きし、日本の伝統である和太鼓にふれていただきます。また、あいさつを始めとした礼儀も教えていただきます。和太鼓体験はお子さまが対象ですが、当日は保護者さまのご同伴をお願いいたします。5月5日こどもの日に親子でご一緒にお楽しみください。

【対象】小・中学生
【服装】動きやすい服装
【参加人数】各回5組10名


◇募集期間:
2018年4月16日(月)~5月2日(水)

※当社は本セミナーにおいて発生した一切の事故やケガ等の責任は負いかねますのであらかじめご了承ください。
※水筒・ペットボトルなど飲料をお持ち込みいただけます。
中野 千恵子
清水太鼓塾 代表
静岡

2018年4月22日(日) ①13:00~14:30 ②15:00~16:30

静岡呉服町名店街 ふしみや本店× d-labo静岡 タイアップセミナー
自分色を見つけてみませんか

静岡呉服町名店街 ふしみや本店× d-labo静岡 タイアップセミナー <br>自分色を見つけてみませんか
色にもそれぞれ特徴があり、私達一人ひとりにピッタリ合う色があります。今回はその道30年の衛藤氏をお迎えし、メイクアップのアドバイスをしていただきます。また、その場で自分に似合う色を見つけて、ポイントメイクを体験できる時間もございます。心軽やかになる春に向けて、最高の自分を引き出してみませんか?

◇募集期間:
2018年3月6日(火)~4月21日(土)
衛藤 ゆかり
アルビオン 横浜支店チーフ
静岡

2018年4月17日(火)~4月26日(木)
月~金曜日 10:00~19:30/土日祝日
10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。

竹芸展(茶杓・花入)

竹芸展(茶杓・花入)
今回d-labo 静岡では、池田秋津氏 作品展第二弾として、茶杓や花入など70点を展示いたします。

<池田秋津氏より>
20代半ばに茶道に入門し、お茶会に足を運ぶ中で茶道具に興味を持つようになりました。
千利休が竹の美を見出して茶杓、花入を作ってから竹の茶道具は、侘茶になくてはならないものとなりました。
私は、400有余年の歴史に刻まれ、先人の想いのこもった作品に惹かれて竹芸の道に入りました。
私にとって竹芸は、竹を求め、その景色を活かし、作品を創り込む楽しみとその奥の深さに魅了されてしまう世界です。
現在、伝統的な作品の制作とともにオリジナル作品の創作に取り組んでいます。
是非展示をご覧いただき、日本の竹、茶道文化に接していただければ幸いです。

※入場無料
【在廊日】
4/17(火)、 4/18(水)、 4/21(土)、 4/22(日)、 4/24(火)、 4/26(木)
池田 秋津(いけだ あきつ)
 
静岡

2018年4月2日(月) 18:00~19:00

OYAJI BAND
~音楽でつながる仲間の輪~

OYAJI BAND <br>~音楽でつながる仲間の輪~
時間にゆとりができた今日この頃、新たな趣味を始めようとしている方もいらっしゃると思います。
いくつになっても何か新しいことを始めようとする時は心がワクワクします。
今回はいつまでも健康で楽しく過ごそうと、趣味の音楽を通じて、グループを結成し早10年を迎えているヒマナスターズの8名さまの意気投合した演奏をお聴きいただきます。
みなさまも今後の夢や趣味でつながる世界の広がりや楽しみをご一緒に感じてみませんか。

◇募集期間
2018年2月27日(金)~4月1日(日)
ヒマナスターズ
 
静岡

2018年4月1日(日)~4月15日(日)
月~金曜日 10:00~19:30/土日祝日 10:00~18:00
(最終日は16:00まで)
※セミナー開催時は営業時間が変更になる場合がございます。

伴野 幽雲 書と俳画展
~白へ 美へ 想像へ~
space, beauty and imagination

伴野 幽雲 書と俳画展  <br>~白へ 美へ 想像へ~  <br>space, beauty and imagination
<伴野 幽雲氏より>
書を始めて早40年が経ちました。
まだまだ未熟ではありますが今回自分を見つめ直す機会をいただきました。
d-labo静岡の静かで落ち着いた雰囲気の中での書と俳画の展示です。俳画に祖父蝸牛の賛句をつけ、母の着物の端切れを掛軸に仕立てた作品もあります。
新作を含め全16点展示します。
書も俳画もともに余白の中に何かを感じていただければ幸いです。

◇於:d-labo静岡 ANNEX静岡伊勢丹3F(入場無料)
伴野 幽雲(ともの ゆううん)
 
静岡

2018年3月31日(土) 13:30~14:30

d-labo静岡3周年記念イベント
春の演舞 ~和太鼓を奏でる~

d-labo静岡3周年記念イベント <br>春の演舞 ~和太鼓を奏でる~
2018年3月4日(日)にd-labo静岡はおかげさまで3周年を迎えます。みなさまに感謝の気持ちを込めて、今回は全国でイベントを開催している清水太鼓塾代表の中野氏率いるメンバーによる和太鼓の演奏を10曲ご披露いただきます。和太鼓のドンドンと心に響く音に、春の訪れを感じてみませんか?

◇募集期間:
2018年2月9日(金)~3月30日(金)
中野 千恵子
清水太鼓塾 代表
静岡

2018年3月25日(日) 13:30~15:30

SPAC演劇ワークショップ

SPAC演劇ワークショップ
国内外で高い評価を得るSPACの俳優、阿部一徳氏のナビゲートのもと、参加者のみなさまと演劇の戯曲を読み合います。
発声法を学び身体を軽く動かした後、物語の解説や楽しむポイント、作者の紹介などを交えながら、さまざまな役のセリフを読んでいきます。
普段の生活では口にしないような名セリフを語ることで「非日常」を体験することができます。
身体を動かしながら声を出したり表現したりすることは、ストレス発散にも、また自分を見つめ直し、新たな一面を発見する機会にもなります。日常生活のあらゆるシーンで応用できる「伝える力」を身に付けてみませんか?

◇募集期間
2018年1月5日(金)~3月24日(土)
阿部 一徳(あべ かずのり)
舞台俳優
静岡

2018年3月24日(土) 13:30~15:00

海と温泉の不思議な関係

海と温泉の不思議な関係
海洋環境学や環境保全・災害対応などについて研究するかたわら、現在は海洋リゾートや温泉のプロデュース、地域資源の活用も行なっている斉藤氏をお招きし、今回は環境をテーマに「海と温泉の不思議な関係」についてお話しいただきます。
18世紀西洋の海水浴から今日の海洋型温泉までを詳しくご解説いただき、その真相に迫ります。

<斉藤 雅樹氏より>
海と温泉は「兄弟」のような関係にある。「海洋型温泉」は別府や熱海など全国に立地する。西洋では海洋療法と温泉療法は同じ様式である。日本の海水浴の発祥は愛知県の大野海岸の「潮湯治」とされ、海水に身を浸すことは温泉湯治の一種と考えられた。西洋では18世紀より海水浴が盛んになり、当時の貴族たちはベイジングマシン(水浴機)という珍妙な装置を使っていた。昭和中期に海に普及した「流下式塩田」は廃止された後、温泉業界で全く別の用途で“復活”した。反対に温泉の知恵を海に活かせないか?人気凋落の海水浴再生のヒントはここにあるかも知れない。入浴はリスクの高い行為であるが「安全な入浴」の普及は実現可能な“夢”と言える。


◇募集期間:
2018年2月9日(金)~3月23日(金)
斉藤 雅樹(さいとう まさき)
東海大学 海洋学部 教授(海洋文明学科 主任)
1 2 3 4 5 6 7 8 9