d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントレポート

イベントレポートTOP

2016年9月1日(木) 19:00~20:30

細矢 隆男(ほそや たかお) / 日本骨董学院 学院長

仏教の源流を求めて

戦後の競争世代といわれてきた団塊の世代が定年を迎え、それぞれが第二の人生を考えるとともに、終着点である「死」を意識するようになった。仏教の祖である釈迦もわからないと言った「死後の世界」は、古代から人類永遠のテーマとして考えられ、さまざまな信仰を経て現在に至っている。宗教の発展は、まさに現実に生きている人間と必然として理解される「死」との相克に立脚しているといっても過言ではない。仏教の祖 釈迦は、インドの王族の王子として生まれたが、出家し高貴な身分を捨て、修行の道に入った。その釈迦がはじめた仏教の起源ははたしてインドの固有の思想なのだろうか。今回は、釈迦以前の古代文明であるエジプト、メソポタミアに仏教の源流を求めながら考察していただいた。

釈迦の教えと古代ギリシア文化が融合して生まれたガンダーラの仏像

d-laboでは3回目の登壇となった細矢隆男氏。今回は「仏教の源流」をテーマに「あまり本には書かれていない」という古代エジプトやメソポタミアが仏教にもたらした影響について、それを示すさまざまな美術品や遺跡などの画像を見ながら語っていただいた。
仏教の開祖である釈迦が生きたのは紀元前485年前後から405年前後。若かった釈迦が山にこもって断食修行をし、下山した後に菩提樹の下で悟りを開いた話は有名だ。インドの博物館には瞑想中の釈迦像が保管されている。あばら骨が浮いた姿からは苦行の凄まじさが窺われる。この仏像が造られたのはパキスタンのガンダーラ地方。悟りを開いた釈迦は、その後、弟下たちに教えを説き仏教をこのガンダーラを含む周辺の国々や地域へと広めていった。やがてそこへやって来たのがアレキサンダー大王。ガンダーラに持ち込まれた彫像技術などの古代ギリシア文化と釈迦の教えが融合して生まれたのが、世界最古と言われているガンダーラ産の仏像だったという。
「このガンダーラの仏像というのは日本の古美術界でも大変に人気が高く、欠片や顔だけのものなら今でも市場に出ています」
その後も仏教は中央アジアから中国へ、スリランカから東南アジアへと広まっていく。4世紀頃には朝鮮半島に達し、6世紀頃には日本へと伝来する。ここまで広く信仰されたのは、もちろん釈迦その人の教えが優れていたからだ。
「お釈迦様はもともとマガダ国の王子でした。しかし、苦しんでいる庶民を見て修行に入り仏教の開祖となった。そういうところが人々の尊敬を呼んだんでしょうね」

古代エジプトと仏教との共通

一方で、釈迦が始めた仏教は、その後さまざまなものの影響を受けてそれを取り込んでいく。その源流となったのが古代エジプトではないかと細矢氏は考えている。
たとえばピラミッド。階段状のピラミッドといえば最初に思い浮かぶのはエジプトだが、「実は日本にもある」という。場所は奈良。遠い古代エジプトの文化がどうやって日本に伝わったか。その答が仏教にあるであろうことは容易に想像がつく。
ピラミッドの特徴は正三角錐の形状。そのもととなっているのは山。ファラオたちの墓所がある王家の谷にそびえるアル・クルン山がそれだという。この山は谷から仰ぐと頂上が三角形に見える。古代エジプト人たちはそれを母体のふくらみ、山とみて、その子宮を谷の奥と考えた。それゆえに多くの王の墓が谷、すなわち「王家の谷」に集中している。古代エジプトでは死は「魂と肉体が離れること」と考えられていた。だからいつの日か来るであろう再生を信じて遺体をミイラにして保管した。そして彼らは再生は母親の胎内で行なわれるものと考えた。
「だから古代のエジプト人たちはアル・クルン山の下に墓所を造ったり、ピラミッドにこだわったんですね。そこには子孫繁栄や豊穣(ほうじょう)といった意味も込められていたようです」
他にも古代エジプトの出土品を見ると仏教や日本の神道との共通点があることに気付く。そのひとつが「蛇信仰」だ。ツタンカーメン王の内臓を保管したカノポス壺を守った黄金の聖櫃(せいひつ)にはコブラの装飾が施されているし、ラムセス2世の王冠にもコブラがとぐろを巻いている。猛毒を持つコブラはエジプト人にとっては最強の動物。そこから生まれたのが蛇信仰だった。似たようなものは奈良の仏像にもあるし、出雲大社の注連縄(しめなわ)は絡みあった二匹の蛇を象ったものだと言われている。
こうした共通点の中でも興味深いのは死後の世界に対する考え方だ。仏教の阿弥陀信仰では死後の世界には極楽と地獄があることになっているが、実は釈迦は「そんなことは言っていない」という。
「お釈迦様はお弟子さんから、死んだら人間はどうなるんですか、と訊かれて、私は死んだことがないのでわからない、と答えています。阿弥陀様の世界、浄土教はお釈迦様の世界ではないんですね」

阿弥陀信仰となって伝わった古代エジプトの死後の世界

では、極楽と地獄という概念はどこから来たのか。それは古代エジプトのオシリス神を見ればわかる。エジプトでは人は死ぬとナイル川の東岸から西岸へと渡り、そこで冥界の王であるオシリス神によって地獄か極楽のどちらに行くかを裁かれる。何に似ているかといえば、三途の川や閻魔大王。紀元前数千年の昔に古代エジプトで考えられた死後の世界が、仏教の中では浄土教となって日本に伝わった。ここはそう考えるのが自然だろう。
「古代エジプトでは死者の魂をあの世に運ぶのはバーという人の頭を持つ鳥ということになっていました。仏教にも同じ鳥が迦陵頻伽(かりょうびんが)という名前で存在します。中尊寺金色堂の藤原清衡の祭壇にも国宝の華鬘(けまん)という形で残されています」
パピルスなどにある「死者の書」を見ても、縦書きのヒエログリフはほとんどお経のように見える。遡ぼって考えると経の原点はこの「死者の書」にあるのかもしれない。
また日本でも文様などでお馴染みの蓮は、古代エジプトにおいてもよい香りのするものとして貴族に愛された。それだけではなく、正倉院にある柄香炉(えごうろ)や、鎌倉室町時代の板碑など、古代エジプトでも見られるものが日本には数多くある。由来が定かでないと言われている諏訪の御柱も、推量していくとエジプトの神殿にあるオベリスクによく似ている。
こうした中で、いちばん注目すべきは宮殿や陵墓の位置関係だ。エジプトのルクソールを見ると、ナイル川を挟んで東側にカルナック神殿があり、西側に王家の谷がある。そこには川の東岸は現世であり、西側は死者たちの世界という考え方がある。同じように日本の飛鳥・藤原京を見てみると、やはり飛鳥川を挟んで藤原宮跡と高松塚古墳などの王族の陵墓が対峙している。どちらもポイントとなるのは川の存在だ。
「西という字は逆さにすると〈しに〉。日本にも古代エジプトと同じような考え方があったことは間違いない。仏教にはそれが深く根ざしているのだと思います」
セミナー中は、細矢氏のコレクションであるガンダーラの2~3世紀の舎利容器(しゃりようき)や、ミイラとともに棺に入れたというオシリス神やオオカミの顔をしたアヌビス神の護符(ごふ)、「ムスク」と呼ばれる香、神殿で日没に焚かれたという没薬、キリスト誕生の際に東方の三賢人がマリアに贈ったという乳香などを展示。参加者に直接手で触れてもらったり、香りを楽しんでもらった。

講師紹介

細矢 隆男(ほそや たかお)
細矢 隆男(ほそや たかお)
日本骨董学院 学院長
東京都生まれ。18歳で刀剣鑑定の勉強を始める。早稲田大学第一文学部独文科へ進学後、茶道部、古美術研究会に入部。刀剣のほか個人的に絵画・仏教美術・陶磁器・エジプトを含めた西洋アンティーク等多方面の古美術の研究を始め、文学・哲学・音楽などへのアプローチから、世界的な美術・芸術の交流に強い関心を持つ。その後、出版社2社の代表取締役を歴任しつつ1989年から4年間、骨董・古美術の露天商を経験する。1994年より青山にて古美術店を経営するとともに、「日本骨董学院」を設立、骨董・古美術の一層の普及を目指して現在に至る。
東洋陶磁学会会員、日本山岳修験学会会員、日本美術刀剣保存協会会員、全刀商会員。