d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

二子玉川

2014年5月17日(土)14:00~15:30

日本の伝統芸能・歌舞伎鑑賞への誘い

日本の伝統芸能・歌舞伎鑑賞への誘い
昨年歌舞伎座が生まれ変わり、あちこちで歌舞伎の話題が出ています。みなさん歌舞伎を見たことがありますか?興味はあるけど“敷居が高い”、“知らないから楽しめないんじゃないか”などというイメージから歌舞伎鑑賞へ足踏みされている方は、いらっしゃいませんか?歌舞伎は日本固有の演劇で、2009年にはユネスコの無形文化遺産に登録された伝統芸能。江戸時代より続く演劇様式の伝統を大切にしながら、一方で時代に合わせた新しい演出を採り入れた現代演劇としても昨今世界で注目を浴びています。今回、歌舞伎役者である八代目大谷友右衛門氏をお招きし、歌舞伎の楽しみ方、また役者から見た歌舞伎、所作の実演も交えて、わかりやすくご紹介いただきます。そもそも「庶民の楽しみ」だった歌舞伎に触れ、日本の伝統芸能の世界に浸ってみませんか?
八代目 大谷 友右衛門 (はちだいめ おおたに ともえもん)
歌舞伎役者
ミッドタウン

2014年5月15日(木) 19:00~21:00

Think the Earth!!

Think the Earth!!
2001年にスタートした「Think the Earth」は、クリエイティブやコミュニケーションを通じて私たちが暮らす地球の大切さを伝え続けてきました。地球がまわる腕時計を皮切りに、写真集、ビジュアルブック、ウェブサイト、携帯アプリケーション、プラネタリウム映像など、多様な表現手法で、それぞれの時代に合わせて作ってきたコンテンツの数々。今回はその中から、映像作品を中心にThink the Earth活動の足跡をたどります。春まっさりのd-laboで、社会のこと、環境のこと、そして地球のことを考えてみませんか。
上映予定作品:「いきものがたり」、「みずものがたり」(各25分)・「うごくえこよみ」(7分)、「映像詩・蕪栗沼ふゆみずたんぼ」(6分)
上田 壮一 (うえだ そういち)
一般社団法人Think the Earth 理事・プロデューサー
ミッドタウン

2014年5月13日(火) 19:00~21:00

光を楽しむ

光を楽しむ
日本の照明は「明るいほうがより良い」という風潮が現在も脈々と続いています。でも、明るければ良いというのは、「おなかがいっぱいになるだけの食事」と同じだと思いませんか。最近、話題となっているLEDは「明るくて省エネルギー」などと言われ、「いっぱい食べても太らないダイエット食」のようです。「素材の良さを活かしたおいしいものを楽しみたいと思う気持ちと同じように、光もその場にあった良質の光を楽しんでほしい」と語る照明デザイナーの岩井氏に、現代の光を楽しむ方法をお話しいただきます。
岩井 達弥 (いわい たつや)
照明デザイナー
二子玉川

2014年5月11日(日) 13:30~15:30

KIDSファッションショー&撮影会
(2014年spring コレクション)

KIDSファッションショー&撮影会<br>(2014年spring コレクション)
多くの「色」に接することは、感性や発想力を豊かにし、さらにはコミュニケーション能力も高めることができます。子どもにおいても同様に、自分の好きな色を選んだり、普段は触れない色に出会うことで、感性や発想力を磨くことにつながります。今回のd-labo二子玉川セミナーは、この「色」をテーマに、色彩教育や五感教育にも携わる現役ファッションスタイリスト&カラーディレクターのyukiko氏をお招きして、「KIDSファッションショー&撮影会」を開催します。お子さまのお気に入りの服や、買ったけれども組み合わせに悩むアイテムを持ち寄り、yukiko氏アドバイスのもとトータルコーディネート。その後はご家族の皆さまがカメラマンとなり、新しい自分を発見した子どもたちをモデルに「ファッションショー&撮影会」を行います。モデルになりきってポージングしたり、ファッションスタイリストの仕事を手伝う姿を見ながら、お子さまたちの成長を感じてみませんか。二子玉川ライズ・オフィス12階に位置し見晴らしのよいd-laboでご家族皆さまで楽しみましょう!
※時間の都合上ヘアーメイクは行いません。
※定員:親子10組20名さま
※スルガ銀行にお取引のある方、またはスルガ銀行二子玉川支店にてお子さま名義の口座を開設いただける方に限ります。
yukiko
色彩総合プロデューサー/ファッションスタイリスト
ミッドタウン

2014年5月8日(木) 19:00~21:00

水の中の宇宙空間

水の中の宇宙空間
海の中は、クジラのような大きな生き物から米粒ほどのかわいい魚、タコやヒトデなど奇想天外な生き物に出会える不思議な場所。その広大無辺の無重力の世界は、まるで宇宙空間。小さな魚たちは流星群のように輝き、未知なる世界へと誘い込んでくれます。水中写真を20年間撮り続けてきた鍵井氏のこれまでの作品を見ながら未知なる世界を体験してみませんか。
鍵井 靖章 (かぎい やすあき)
写真家
二子玉川

2014年4月26日(土) 14:00~15:30

音を通して感性を磨く
南米楽器「アルパ」ミニ演奏会

音を通して感性を磨く<br>南米楽器「アルパ」ミニ演奏会
「アルパ」という楽器をご存知でしょうか? 「アルパ」はラテンハープとも呼ばれ、16世紀にイエズス会の宣教師が持ち込んだクラシックハープが原型です。南米の先住民が現地材料で制作して各地に広まり、パラグアイを中心にメキシコやコロンビアなどで演奏されています。「アルパ」は弦の弾き方によってギターやピアノ、打楽器のような音を出せる楽器です。今回はアルパデュオ「ソンリーサ」のエンリケ・カレーラ氏、松木亜里沙氏をお迎えし、音楽を通して感性を磨くミニ演奏会を開催します!司会は、アルパ奏者でもあり、色彩教育・五感教育の講義を企業および教育機関で担当しているyukiko氏。演奏会では3名の演奏者が南米の感性豊かな音色をお届けします。カレーラ氏の母国:パラグアイの文化に触れるコーナーやおやつタイム、お子さまも参加できる「アルパ」体験コーナーも。土曜日の昼下がり、ぜひご家族皆さまでご参加ください!
エンリケ・カレーラ,松木 亜里沙(まつき ありさ),yukiko
後援:パラグアイ共和国大使館
ミッドタウン

2014年4月24日(木) 19:00~21:00

2064年のメディアを予測する
- マーシャルマクルーハンと『メディア論』-

2064年のメディアを予測する<br>- マーシャルマクルーハンと『メディア論』-
いまから半世紀前に、ソーシャルメディアやビッグデータ、ネット炎上を予想していた理論家がいたことをご存知でしょうか?その人の名はマーシャル・マクルーハン。英文学の研究者でありながらメディア論の大家として一世を風靡し、嵐のように去って行った人物です。今年はマクルーハンの主要著作のひとつ『メディア論』が出版されてから、ちょうど50年の節目の年になります。メディアの本質を捉えた彼の理論は50年経過した今でも色あせず、現代のメディアを理解する上で、大きく役に立つ内容です。今回は、『メディア論』を中心にマクルーハンの理論を分かりやすく解説した『今こそ読みたいマクルーハン』の著者・小林氏をお招きして、マクルーハンの考え方を整理いただき、これから50年先、2064年のメディアについて考えていきます。
小林 啓倫(こばやし あきひと)
経営コンサルタント
ミッドタウン

2014年4月22日(火) 19:00~21:00

旅に出かけるだけで“美と健康”が手に入る
「温泉ビューティツーリズム」のすすめ

旅に出かけるだけで“美と健康”が手に入る<br>「温泉ビューティツーリズム」のすすめ
人はなぜ、温泉へ出かけたくなるのでしょうか?頑張ったプロジェクトを達成した時、あるいは、気持ちがめげそうになって癒されたい時、ストレスが溜まって心や体をリセットしたい時、楽しい仲間とわいわい過ごしたい時、ひとりの時間をゆっくりと過ごしたい時など、さまざまな理由で「温泉に行きたい」と思うのかもしれません。温泉の旅に欠かせない四大要素「温泉」「自然環境」「食」「宿での過ごし方」を紐解くと、その中に美容・健康をサポートする要素がたくさんあります。温泉の含有成分によって異なる特徴を知れば、美肌、ダイエット、リラックスなど目的別に温泉を選ぶことができ、入浴方法によっても体や肌への効果も変わってきます。また、海・山・森・街などの温泉地の周辺環境にも美と健康の秘訣があります。旅先での食事も、何をいつどのように食べるかによって“ごちそうを美味しく食べて体を整える” ことができるのです。今回は皆さんを心身ともにきれいにしてくれる「温泉ビューティーツーリズム」についてお話いただきます。
石井 宏子 (いしい ひろこ)
温泉ビューティ研究家
ミッドタウン

2014年4月17日(木) 19:00~21:00

自転車美女入門

自転車美女入門
エコにダイエットにと、注目度が高まっているスポーツ自転車。そんなスポーツ自転車に興味のある女性や、自転車を始めてみたい女性に向けた、スポーツ自転車の入門編。自転車に乗り始めて10kg以上痩せたドロンジョーヌ恩田氏が「自転車は本当に美女を作るのか」について熱く語ります。自称、運動音痴、完全文科系だったという同氏が、スポーツ 自転車と出会ったことで変わった大きなことから小さなこととは。さらには自転車の楽しみ方や魅力についてもお話しいただきます。女性だけでなく、女性と一緒に自転車を楽しみたい男性にも役立ちますのでぜひご参加ください!
ドロンジョーヌ 恩田 (どろんじょーぬ おんだ)
自転車に乗る妻=「妻クリスト」・コラムニスト・イラストレーター
ミッドタウン

2014年4月15日(火) 19:00~21:00

口から始める健康づくり
- 世界で一番幸福な超高齢社会ニッポンを目指して -

口から始める健康づくり<br>- 世界で一番幸福な超高齢社会ニッポンを目指して -
「夢」を持ち、実現に向けて行動するには、何よりも「健康」が大切です。しかし、現在、我が国では健康寿命と平均寿命には10年程度の開きがあります。高齢社会の中で、夢や活力が失われつつあると言われるニッポン。私たちは世界の誰もが経験したことのない「超高齢社会」を、どのように生き、暮らしていくのか。そして「世界で一番幸福な高齢社会」をどうやって創造していくのか?世界中が注目する高齢社会に対する、答えのひとつが「口」の中にあります!
日本顎咬合学会 (にほんがくこうごうがっかい)
夏見 良宏・河原 英雄・増田 純一・上濱 正
二子玉川

2014年4月12日(土) 13:30~15:30

d-laboアート教室
~みんなで夢の富士山を描こう~

d-laboアート教室<br>~みんなで夢の富士山を描こう~
“世界遺産”とは、人類が築いてきたかけがいのない文明や歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきた宝物。松田氏はそんな世界遺産に魅力を感じ、世界遺産をモチーフにした絵を描き続けてきた。「世界遺産の絵を通じて人々を繋ぐ平和の心を創りたい」と夢を語る同氏に、楽しくて不思議な世界遺産アートへの熱い想いをお話しいただき、子供たちと一緒にワークショップで富士山を描ていただく。
※当日は絵の具を使用しますので、汚れても支障のない服装でお越しください。(対象年齢5歳~)
コーイチ・マツダ
グラフィック・アーティスト
ミッドタウン

2014年4月10日(木) 19:00~21:00

「良医」の条件
- 診察室をとびだすお医者さんたち-

「良医」の条件<br>- 診察室をとびだすお医者さんたち-
現代は慢性病の時代といわれ、病院で治す医療から、自宅で完治の難しい病気と長くつきあっていく医療に移行しつつあります。病院の「名医」に加えて、地域で患者さんの健康や暮らしに伴走する「良医」がかつてないほどに求められており、往診をしながら健康なまちづくりに関わるお医者さんも増えています。今回のセミナーでは選りすぐりの50人の「良医」の生まれ育ちから仕事ぶりや資質までを詳しく調べた研究結果を参考に、現代版「良医」の条件を考えていきます。みなさまの身近にも現代版「良医」がいるかもしれません!
坂本 文武 (さかもと ふみたけ)
Medical Studio代表理事
立教大学21世紀社会デザイン研究科准教授
ミッドタウン

2014年4月8日(火) 19:00~21:00

中世日本の「国のかたち」

中世日本の「国のかたち」
私たちは、日本という国が「単一の言語」を用いる、「単一の民族」によって構成される、「単一の国家」であったと学習してきた。しかし、それは本当なのだろうか。戦国時代の武田や上杉などの大名家を考えてみると、独自の法を整備し(分国法)、軍事力による安全保障を行っている。それ故に各家が各地域における小さな王様であり、それぞれの地域が小さな国であったとも考えられないだろうか。そこから発想すると、本当に日本が一つの国としてまとまったのは豊臣秀吉の全国統一以後であって、それまでの日本列島にはいくつかの国が並立していたと考えられる。今回のセミナーでは中世日本のスペシャリストである本郷和人氏をお招きし、その様な観点から中世日本の「国のかたち」、そこから「東と西、さらには北」という地域から成り立つ「日本のすがた」を明らかにし、その上で現代の地方分権にいてお話しいただく。過去から現在、そして未来を考えてみてはいかがだろう。
本郷 和人 (ほんごう かずと)
東京大学史料編纂所教授 文学博士
ミッドタウン

2014年4月3日(木) 19:00~21:00

Facebook画像de発想力アップ

Facebook画像de発想力アップ
Facebookのタイムライン上で表示される数々の画像を見ていると、ときに「Aha!」と感じるような画像に気づきませんか?実はこの画像を見た際に『オズボーンのチェックリスト9項目』で分析する習慣をつけると、「既存の要素」を新しく組み合わせたアイデアが次々と湧いてくるようになります。今回はこのアイデア発想力アップを自身も実践し「ブリコルールCOSUGI」を自称する小杉氏をお招きして、『オズボーンのチェックリスト9項目』をビジュアル視する「ビジュアル発想法」をご紹介いただきます。毎日のアイデアを生み出すための「コツ」を学んでみませんか。
小杉 博俊 (こすぎ ひろとし)
紙の仕事人
ミッドタウン

2014年3月28日(金) 19:00~21:00

知られざる鉄道音楽の世界

知られざる鉄道音楽の世界
鉄道は音に溢れています。駅に近づくと、券売機の電子音や自動改札機の開閉音とチャイムの音が聞こえてくる。改札を抜けると構内アナウンスや電車の走行音に発車メロディも。数多くの音がサラウンドで迫ってきています。鉄道の音は身近でありますが、それぞれの音にどんな意味があるかまではあまり知られていません。自身も発車メロディを作曲した向谷氏をお招きし、鉄道の音の深い世界をご案内いただきます。知られざる鉄道の音の世界に旅立ってみませんか?
向谷 実 (むかいや みのる)
音楽プロデューサー、音楽家、会社経営者
ミッドタウン

2014年3月27日(木) 19:00~21:00

地球は、ますます、おもしろい。
~極地旅行編~

地球は、ますます、おもしろい。<br>~極地旅行編~
旅行者のニーズが大きく変化し多様化する海外旅行。世界中の情報が瞬時に入手しやすい時代となったいま、多くの旅行者が新たな旅先を求めている。前回のアフリカ編に次ぐ第2弾は、極地旅行編。今や冒険家たちだけの旅ではなくなった北極・南極旅行の魅力について、極地旅行のプロフェッショナルがご案内します!いままでに出会ったことのない旅を体験してみませんか。
聞き手: 樫村衣子氏(ANAセールス株式会社海外旅行商品部)
伊藤 榮治郎 (いとう えいじろう)
株式会社クルーズライフ代表取締役
二子玉川

2014年3月26日(水) 13:30~15:30

親子で一緒に楽しみながら考える
「わが家の暮らしとお金」

親子で一緒に楽しみながら考える<br>「わが家の暮らしとお金」
現在の日本ではきちんとした金銭教育を受ける場がないため、実生活でお金のやりくりに悩み、一人抱え込んでしまう家庭が多いのが現状です。また、これからの時代を生きていく子どもに対しても、正しい金銭教育がされなければ、また同じ問題が繰り返されてしまいます。そこで今回、TVや雑誌など多数のメディアで活躍中の家計再生コンサルタント横山光昭氏を迎え、親子で一緒に考えるマネーセミナーを開催します。支出を「ショウ・ロウ・トウ(消費・浪費・投資)」に振り分けることで、家庭ごとに違うお金の価値観を導き出し、それぞれにあった節約法などをアドバイス。また、横山氏が監修した「マネーいろはカルタ®」を使って、遊びながらお金との付き合い方を見直すなど、お子様と一緒に楽しめる新感覚のマネーセミナーです。親子でお金のことを考えてみませんか。
横山 光昭 (よこやま みつあき)
家計再生コンサルタント
株式会社マイエフピー代表取締役
ミッドタウン

2014年3月20日(木) 19:00~21:00

野生のロボティクス・デザイン
- 社会デザイン学への誘い -

野生のロボティクス・デザイン<br>- 社会デザイン学への誘い -

『鉄腕アトム』や『ドラえもん』といったアニメや漫画の世界で慣れ親しんでいる私たちも、最近の新しいロボットの登場には驚かされます。掃除ロボット、介護ロボット、レスキューロボット、ロボットカー(自動運転車)、ウェアラブル端末・・・このような実体としてのロボットを考えることは、究極的には「人間とはなにか」を社会存在論的に考えることであり、ロボットをデザインすること(ロボティクス・デザイン)は未来の社会をデザインすること(社会デザイン)でもあります。こうしたロボティクス・デザインと社会デザインを結ぶ鍵は、人間の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を喚起して、QOL(人生の質)を高める生活のパートナーとしてのロボットとのコミュニケーションをデザインすることにあります。このような「野生のロボティクス・デザイン」を行うためには、哲学、心理学、人類学、法学・経済学、情報学、工学、生物学、化学、医学、福祉学等、人文・社会科学と自然科学の複数領域の知見を融合する必要があると考えられます。またコミュニティを場に産学官が連携して新たな社会システムを共創することで、現実の社会問題を解決するソーシャル・イノベーション創発の思考と実践としての総体である「社会デザイン学」も希求されています。今回のセミナーでは、論理と感性のロボティクス・デザインの挑戦事例を学際的に読み解きつつ、「社会デザイン学」の可能性を探求していきます。

小林 敦(こばやし あつし)
立教大学社会デザイン研究所研究員
ミッドタウン

2014年3月18日(火) 19:00~21:00

「神宮の森」日本人のこころ

「神宮の森」日本人のこころ
伊勢神宮周辺には神路山・島路山などの山々が広がっており、約二千年前の神宮御鎮座より神聖な山としてあがめられてきた。その森に分け入ると、一滴のしずくから次世代への循環を静かに繰り返す生命、そして守り育てられている森の安らぎを感じ、自然と人間の関係に思いを馳せることができる。近年起こった未曾有の自然災害は、我々に自然観を深く考えさせる出来事となり、そして森は、自然に対する畏敬そして畏怖の念、伝統や信仰の心などが、今もなお日本人の自然観の原点であることに気づかせてくれた。森氏の作品「神宮の森」を通じて森の息づかいを感じ、私たちのこころの奥底にある、自然に対する「日本人のこころ」を思い起してはいかがだろう。
森 武史(もり たけし)
カメラマン
二子玉川

2014年3月17日(月) 10:30~12:00

本を語ろう!!
~HONZ女子会~

本を語ろう!!<br>~HONZ女子会~
ベストセラーではないが、丹念に作られた本。有名ではないが個性が光る著者、独特の視点から選び出したブックリスト、そして編集者の想いを紹介する書評サイト「HONZ」。2月10日に新規OPENしたd-labo二子玉川では、同サイトで紹介された本を集めた本棚を設置。今回はそのHONZ本棚の設置記念セミナーとしてHONZを代表するお二人、東えりか氏と麻木久仁子氏をお招きし、それぞれの「本」への想いや楽しみ方、そして面白い本などをご紹介いただきます。みんなで一緒に「本」について語りあいませんか。
東 えりか,麻木 久仁子