d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

ミッドタウン

2014年6月24日(火) 19:00~21:00

ヒット映画に隠されたメッセージとは
~ヒッチコックからアナと雪の女王まで~

ヒット映画に隠されたメッセージとは<br>~ヒッチコックからアナと雪の女王まで~
映画の鑑賞スタイルは人によってさまざまです。ストーリーを楽しむ、キャストを楽しむ、音楽を楽しむ、最新技術を楽しむ……しかし、映画の楽しみ方はそれだけではありません。ヒット映画が生まれる背景には必ず、時代ごとの観客が持つ隠された欲望があるのです。今回のセミナーでは映画監督の田中誠氏が、誰もが知っているヒット映画に隠された思いもよらないメッセージを解き明かします。ヒット映画の隠されたメッセージとはいったい何なのか。そのメッセージを知ったとき、映画をもっと深く、そして身近に感じることができるかもしれません!
田中 誠 (たなか まこと)
映画監督
二子玉川

2014年6月21日(土)14:00~15:30

似合うピンク色診断
~ご自分がもっともきれいに見えるピンク色を知りましょう~

似合うピンク色診断<br>~ご自分がもっともきれいに見えるピンク色を知りましょう~
その人が生まれ持った肌、瞳、髪の色に調和し自分を美しく見せてくれる「似合う色」は顔色をイキイキと華やかに見せ、個々の魅力を最大限に引き出し周囲に好印象を与える効果があります。
今回は女性に人気の『ピンク』にフォーカス。
青みのあるピンク、オレンジよりのピンク、淡いピンク、濃いピンク・・・ピンクといっても種類はさまざまです。
あなたに似合う『ピンク』を探してみましょう!
荘司 礼子 (しょうじ れいこ)
カラーアナリスト
ミッドタウン

2014年6月20日(金) 19:00~21:00

ロシア文学へのいざない
-「ドクトル・ジヴァゴ」完訳までの道-

ロシア文学へのいざない<br>-「ドクトル・ジヴァゴ」完訳までの道-
時はロシア革命前後の動乱期。純真な心を持つ詩人でもある医師・ジヴァゴを主人公に、ラーラとトーニャという2人の女性への愛を通して波瀾に満ちた生涯を描いた『ドクトル・ジヴァゴ』。ロシアの文豪ボリス・パステルナークの長編大作である同作品を40年の歳月をかけて翻訳した工藤氏が、ロシア革命とその歴史、ロシアの生活・芸術・文学、そしてジヴァゴの歌をロシア語で朗読するなど思いつくままに展開します!ロシア文学の魅力をぜひご堪能ください!!
工藤 正廣 (くどう まさひろ)
ロシア文学者・北海道大学名誉教授
ミッドタウン

2014年6月17日(火) 19:00~21:00

宿坊でできる7つの修行

宿坊でできる7つの修行
みなさんは「宿坊」をご存知でしょうか?「宿坊」とはお寺や神社の宿泊施設であり、日本文化と歴史が味わえる「最強の宿」。しかし、あまり知られていないためか多くの誤解を受けていることも事実。例えば、「宿坊はお坊さんしか利用できない」、「お寺での座禅や写経は非常に厳しい」、「精進料理は貧相で物足りない」などなど。しかし、実際は宿坊は誰でも利用できますし、座禅や写経は想像しているほど厳しいものではありません。そして精進料理は一流料亭にも負けない美味しい「おもてなし料理」です。今回は15年にわたって宿坊泊まり歩きの旅を続ける宿坊研究会代表の堀内克彦氏をお招きし、初めての方でもできる「宿坊での修業体験」についてお話しいただきます。普段と違う旅をしたいけど、「どこに行こうか、何をしようか」と迷っている方におススメです!
堀内 克彦 (ほりうち かつひこ)
宿坊研究会代表
二子玉川

2014年6月14日(土)14:00~15:30

オリジナル「キャラBag」教室
~ 世界でひとつだけのMy Bagをデザインしよう~

オリジナル「キャラBag」教室<br>~ 世界でひとつだけのMy Bagをデザインしよう~
今やお子さまのお弁当はママやパパが工夫を凝らした「キャラ弁」の時代。自然とお子さまの感性も「誰かと同じ」より「ひとと違う自分だけのもの」を好むようになっているのではないでしょうか?そこで今回のd-laboワークショップでは、ファッションデザイナーのワカバヤシケイジ氏が「箔プリント」や「顔料プリント」を用いて、世界でひとつだけのあ なたのBagを作る「キャラBag」教室を開催いたします。親子で一つの物を作りあげることは、きっと素敵な思い出になるはず。ぜひ一緒に楽しい思い出と可愛いMy Bagを作りましょう!
※当日はアクリル絵の具を使用しますので、汚れても支障のない服装でお越しください。(対象年齢3歳~)
ワカバヤシ ケイジ (わかばやし けいじ)
ファッションデザイナー
二子玉川

2014年6月12日(木) 10:30~12:00

d-labo ヨガ教室
~はじめてのヨガで癒しとリラックス~

d-labo ヨガ教室<br>~はじめてのヨガで癒しとリラックス~
ヨガと聞くと、体がやわらかくないとできない!というイメージはありませんか?ヨガは身体に良さそうで興味はあるけれど、身体がかたいし、呼吸が難しそうだし…という方、 ヨガを体験したことがあるけれど、大人数のクラスでついていけなかったからイマイチ良さがわからなかった…という方にぜひともご参加いただきたいプログラムです。一人ひとりに合った無理のない指導のため、呼吸を通してカラダとココロがリラックスしていくのがわかります。自分で自分を癒すセルフメンテナンスの方法も学ぶことができます。一緒にたのしく体感してみましょう!
小野 菜津子 (おの なつこ)
インド中央政府科学技術省公認ヨーガ講師/ヨーガ療法士
ミッドタウン

2014年6月10日(火) 19:00~21:00

ちゃぶ台って何だろう?
- 家具が語る時代と社会-

ちゃぶ台って何だろう?<br>- 家具が語る時代と社会-
「ちゃぶ台」ときいて、みなさんは何をイメージするでしょうか。サザエさんや寅さんに度々登場する「一家団欒」、それとも、巨人の星に登場する「ちゃぶ台返し」でしょうか。これらは、いずれも昭和の風景。日本の伝統的な家具だと思われている「ちゃぶ台」ですが、実はその歴史はそれほど古くないのです。それでは身近な「ちゃぶ台」という家具はどうして生まれたのか?そして、どうして消えたのか?私たちの食卓の変化とそれを取り巻く時代と社会の変化について見ていきながら、改めて現在の私たちのくらしを考えてみませんか。
前潟 由美子(まえがた ゆみこ)
有限会社小泉和子生活史研究所所員
大妻女子大学家政学部非常勤講師
ミッドタウン

2014年6月5日(木) 19:00~21:00

義足技術者の挑戦
~技術の力で障がいの壁をなくす~

義足技術者の挑戦<br>~技術の力で障がいの壁をなくす~
人間の身体にはまだまだ隠された機能があり、それを引き出すことで人間の生活スタイルは激変する可能性を秘めている。例えば、損なわれた機能を補うだけでなく拡張できれば、障がい者、健常者、高齢者の身体機能の境界線は消え、身体能力の欠如に対する考え方も変わるだろう。一方で、途上国の障がい者に技術を届けるためには、地理的な問題だけでなく、文化、経済、宗教、環境など様々な側面を包括した社会問題を考慮しなければならない。本講演では、2014年世界経済フォーラムにて「ヤンググローバルリーダー」に選出された遠藤氏をお招きし、ロボット義足・途上国向け義足・競技用義足の3つの義足が人間の生活に与える影響、そして2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて何ができるのかについてお話しいただく。
遠藤 謙 (えんどう けん)
ソニーコンピュータサイエンス研究所アソシエイトリサーチャー
ミッドタウン

2014年6月3日(火) 19:00~21:00

ワンピースを求めて世界の、宇宙の海へ

ワンピースを求めて世界の、宇宙の海へ
「ワンピース」と言えば全世界の累計発行部数が3億4,500万部を超えるというあのモンスター人気漫画を思い浮かべる人が多いと思うのではないでしょうか。「ワンピース」は海賊となった少年モンキー・D・ルフィが「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しながら人として成長してゆく海洋冒険ロマンのストーリー。「『ええ歳こいたオッサンが若作りしてワンピースっていうんじゃなーい!』とギター侍に斬られそうな勢いですが、ワリと真面目に海には『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』があるような気がするんです!」と語る高井氏。アストロバイオロジストでエクスプローラーでもある同氏にとって、一体何がワンピースなのか?世界の、宇宙の海に挑戦し続ける高井氏の軌跡を辿ります!
高井 研 (たかい けん)
独立行政法人海洋研究開発機構深海・地殻内生物圏研究分野分野長
ミッドタウン

2014年5月29日(木) 19:00~21:00

知っておきたい相続・遺言のお話
~相続大増税にそなえて~

知っておきたい相続・遺言のお話<br>~相続大増税にそなえて~
近年クローズアップされてきた相続。とくに相続税は来年からの税制改正により課税対象となる人が2倍になると言われています。この改正により「うちには相続税なんて関係ないよ」から「うちは相続税いくらかかるの?」という時代になり、今まであまり意識しなかった法定相続分や遺留分について向き合うことになります。相続対策というとアパート経営などの節税策を考えがちですが、相続対策の基本は①モメない遺産分割②納税資金の確保③生前贈与を中心とした節税の3要素のバランスを取ることが大切です。今回のセミナーでは、相続税の仕組み、税務署に否認されない生前贈与の仕方、モメない遺産分割(遺言)を中心に、どこの家庭でもある例を用いながらわかりやすくお話しいただきます。
内藤 克 (ないとう かつみ)
税理士・税理士法人アーク&パートナーズ代表
ミッドタウン

2014年5月27日(火) 19:00~21:00

極地の暮らしかた。明日の作りかた。

極地の暮らしかた。明日の作りかた。
およそ100年前、私たち人類は地球最後の未踏の大地である『南極大陸』に進出しました。南極大陸横断を目指した探検家アーネスト・シャクルトンのこの短い隊員募集広告に対し、約5千名もの男たちが名乗りを挙げたのです。

「求む男子。至難の旅。僅かな報酬。極寒。暗黒の長い日々。絶えざる危険。生還の保証無し。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。」──アーネスト・シャクルトン

そして100年が経ち、かつて生還の保証の無かった旅は、必ずや生きて戻らなければならない旅となりました。ようやく地球最果ての地にも、ありふれた日常の暮らしが訪れ、今日も南極大陸のどこかで、私たちと同じ人類が いつもと同じ日を迎えています。しかし「明日の始まりが、今日の終わりと同じとは限らない。」極地とはそういう過酷な場所です。そういう過酷な環境の中で日常を営むための工夫とはいったいどういうものなのでしょうか?マンガ『宇宙兄弟』の閉鎖BOXから南極やエベレストまで、極地で生活した経験から得た「明日の作りかた」について極地建築家の村上氏にお話しいただきます。
村上 祐資 (むらかみ ゆうすけ)
極地建築家
ミッドタウン

2014年5月22日(木) 19:00~21:00

パピルスと和紙のお話

パピルスと和紙のお話
パピルスは紙(paper)の語源でありながら、紙とは全く異なっていることをご存知でしょうか。今回のセミナーでは古代エジプト第一王朝から4000年もの間、パピルスが果たした役割について、パピルス学に学びながら概覧し、各国の書写材料や中国で発明された紙が世界にどのように伝わっていったのかを「紙の博物館」学芸部長の辻本直彦氏にお話しいただきます。さらには飛鳥・奈良時代の正倉院を中心とした世界に誇れる我国の和紙とその文化を象徴する「紙の博物館」収蔵のお宝も披露。紙を巡る壮大な旅に一緒に出かけてみませんか。
辻本 直彦 (つじもと なおひこ)
公益財団法人紙の博物館学芸部長
二子玉川

2014年5月21日(水) 10:30~12:30

~こどもの専門家・保育士がお届けする~
こどもの力がぐんぐん伸びる あそび方講座

~こどもの専門家・保育士がお届けする~<br>こどもの力がぐんぐん伸びる あそび方講座
「こどもとどう遊べばいいの?」「こどもにどんなおもちゃを買えばいいの?」質問にお答えしながら、日常について楽しくお話をしましょう!こどもの力を伸ばすあそびにはちょっとしたコツとポイントがあるんです。
今回のd-labo 二子玉川セミナーは、こどもの専門家、保育士ふたりがコッソリ教える、あそび方講座!
大人は子どもの力を伸ばすために対話をし、子どもは子どもらしくいられる遊びをして過ごします。

定員:親子10組20名さま(0〜6歳までの就学前のお子さまを持つ保護者さま)
※保護者さまのみの参加も可能です。
※スルガ銀行にお取引のある方、またはスルガ銀行二子玉川支店にお子さま名義のお口座を開設いただける方に限ります。
合同会社こどもみらい探求社
ミッドタウン

2014年5月20日(火) 19:00~21:00

僕がたったひとりでメーカーをつくったわけ

僕がたったひとりでメーカーをつくったわけ
インターネットが普及し、製造業のデジタル化が一般的になったことによって、モノづくりの仕組みは従来から大きく変化し、新たな局面を迎えている。機械部品、電子回路を設計するツールや、製造業を営む為の一連のインフラは個人が利用できる状況まで普及し、製造業の参入障壁は大きく低下した。そんな中、ビーサイズ株式会社の八木啓太氏はたったひとりで家電メーカーを立ち上げたのだった。製品の企画、設計、製造、販売のすべてをひとりで手がけ、世界から注目を集める八木氏にとって、デジタルモノづくり時代の新しいメーカーのあり方とはどのようなものなのだろうか。そして自身がメーカーを立ち上げた理由、Bsizeの製品開発手法やモノづくりへの思想について熱く語っていただきます!
八木 啓太 (やぎ けいた)
ビーサイズ株式会社代表取締役社長
二子玉川

2014年5月17日(土)14:00~15:30

日本の伝統芸能・歌舞伎鑑賞への誘い

日本の伝統芸能・歌舞伎鑑賞への誘い
昨年歌舞伎座が生まれ変わり、あちこちで歌舞伎の話題が出ています。みなさん歌舞伎を見たことがありますか?興味はあるけど“敷居が高い”、“知らないから楽しめないんじゃないか”などというイメージから歌舞伎鑑賞へ足踏みされている方は、いらっしゃいませんか?歌舞伎は日本固有の演劇で、2009年にはユネスコの無形文化遺産に登録された伝統芸能。江戸時代より続く演劇様式の伝統を大切にしながら、一方で時代に合わせた新しい演出を採り入れた現代演劇としても昨今世界で注目を浴びています。今回、歌舞伎役者である八代目大谷友右衛門氏をお招きし、歌舞伎の楽しみ方、また役者から見た歌舞伎、所作の実演も交えて、わかりやすくご紹介いただきます。そもそも「庶民の楽しみ」だった歌舞伎に触れ、日本の伝統芸能の世界に浸ってみませんか?
八代目 大谷 友右衛門 (はちだいめ おおたに ともえもん)
歌舞伎役者
ミッドタウン

2014年5月15日(木) 19:00~21:00

Think the Earth!!

Think the Earth!!
2001年にスタートした「Think the Earth」は、クリエイティブやコミュニケーションを通じて私たちが暮らす地球の大切さを伝え続けてきました。地球がまわる腕時計を皮切りに、写真集、ビジュアルブック、ウェブサイト、携帯アプリケーション、プラネタリウム映像など、多様な表現手法で、それぞれの時代に合わせて作ってきたコンテンツの数々。今回はその中から、映像作品を中心にThink the Earth活動の足跡をたどります。春まっさりのd-laboで、社会のこと、環境のこと、そして地球のことを考えてみませんか。
上映予定作品:「いきものがたり」、「みずものがたり」(各25分)・「うごくえこよみ」(7分)、「映像詩・蕪栗沼ふゆみずたんぼ」(6分)
上田 壮一 (うえだ そういち)
一般社団法人Think the Earth 理事・プロデューサー
ミッドタウン

2014年5月13日(火) 19:00~21:00

光を楽しむ

光を楽しむ
日本の照明は「明るいほうがより良い」という風潮が現在も脈々と続いています。でも、明るければ良いというのは、「おなかがいっぱいになるだけの食事」と同じだと思いませんか。最近、話題となっているLEDは「明るくて省エネルギー」などと言われ、「いっぱい食べても太らないダイエット食」のようです。「素材の良さを活かしたおいしいものを楽しみたいと思う気持ちと同じように、光もその場にあった良質の光を楽しんでほしい」と語る照明デザイナーの岩井氏に、現代の光を楽しむ方法をお話しいただきます。
岩井 達弥 (いわい たつや)
照明デザイナー
二子玉川

2014年5月11日(日) 13:30~15:30

KIDSファッションショー&撮影会
(2014年spring コレクション)

KIDSファッションショー&撮影会<br>(2014年spring コレクション)
多くの「色」に接することは、感性や発想力を豊かにし、さらにはコミュニケーション能力も高めることができます。子どもにおいても同様に、自分の好きな色を選んだり、普段は触れない色に出会うことで、感性や発想力を磨くことにつながります。今回のd-labo二子玉川セミナーは、この「色」をテーマに、色彩教育や五感教育にも携わる現役ファッションスタイリスト&カラーディレクターのyukiko氏をお招きして、「KIDSファッションショー&撮影会」を開催します。お子さまのお気に入りの服や、買ったけれども組み合わせに悩むアイテムを持ち寄り、yukiko氏アドバイスのもとトータルコーディネート。その後はご家族の皆さまがカメラマンとなり、新しい自分を発見した子どもたちをモデルに「ファッションショー&撮影会」を行います。モデルになりきってポージングしたり、ファッションスタイリストの仕事を手伝う姿を見ながら、お子さまたちの成長を感じてみませんか。二子玉川ライズ・オフィス12階に位置し見晴らしのよいd-laboでご家族皆さまで楽しみましょう!
※時間の都合上ヘアーメイクは行いません。
※定員:親子10組20名さま
※スルガ銀行にお取引のある方、またはスルガ銀行二子玉川支店にてお子さま名義の口座を開設いただける方に限ります。
yukiko
色彩総合プロデューサー/ファッションスタイリスト
ミッドタウン

2014年5月8日(木) 19:00~21:00

水の中の宇宙空間

水の中の宇宙空間
海の中は、クジラのような大きな生き物から米粒ほどのかわいい魚、タコやヒトデなど奇想天外な生き物に出会える不思議な場所。その広大無辺の無重力の世界は、まるで宇宙空間。小さな魚たちは流星群のように輝き、未知なる世界へと誘い込んでくれます。水中写真を20年間撮り続けてきた鍵井氏のこれまでの作品を見ながら未知なる世界を体験してみませんか。
鍵井 靖章 (かぎい やすあき)
写真家
二子玉川

2014年4月26日(土) 14:00~15:30

音を通して感性を磨く
南米楽器「アルパ」ミニ演奏会

音を通して感性を磨く<br>南米楽器「アルパ」ミニ演奏会
「アルパ」という楽器をご存知でしょうか? 「アルパ」はラテンハープとも呼ばれ、16世紀にイエズス会の宣教師が持ち込んだクラシックハープが原型です。南米の先住民が現地材料で制作して各地に広まり、パラグアイを中心にメキシコやコロンビアなどで演奏されています。「アルパ」は弦の弾き方によってギターやピアノ、打楽器のような音を出せる楽器です。今回はアルパデュオ「ソンリーサ」のエンリケ・カレーラ氏、松木亜里沙氏をお迎えし、音楽を通して感性を磨くミニ演奏会を開催します!司会は、アルパ奏者でもあり、色彩教育・五感教育の講義を企業および教育機関で担当しているyukiko氏。演奏会では3名の演奏者が南米の感性豊かな音色をお届けします。カレーラ氏の母国:パラグアイの文化に触れるコーナーやおやつタイム、お子さまも参加できる「アルパ」体験コーナーも。土曜日の昼下がり、ぜひご家族皆さまでご参加ください!
エンリケ・カレーラ,松木 亜里沙(まつき ありさ),yukiko
後援:パラグアイ共和国大使館