d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

二子玉川

2014年3月26日(水) 13:30~15:30

親子で一緒に楽しみながら考える
「わが家の暮らしとお金」

親子で一緒に楽しみながら考える<br>「わが家の暮らしとお金」
現在の日本ではきちんとした金銭教育を受ける場がないため、実生活でお金のやりくりに悩み、一人抱え込んでしまう家庭が多いのが現状です。また、これからの時代を生きていく子どもに対しても、正しい金銭教育がされなければ、また同じ問題が繰り返されてしまいます。そこで今回、TVや雑誌など多数のメディアで活躍中の家計再生コンサルタント横山光昭氏を迎え、親子で一緒に考えるマネーセミナーを開催します。支出を「ショウ・ロウ・トウ(消費・浪費・投資)」に振り分けることで、家庭ごとに違うお金の価値観を導き出し、それぞれにあった節約法などをアドバイス。また、横山氏が監修した「マネーいろはカルタ®」を使って、遊びながらお金との付き合い方を見直すなど、お子様と一緒に楽しめる新感覚のマネーセミナーです。親子でお金のことを考えてみませんか。
横山 光昭 (よこやま みつあき)
家計再生コンサルタント
株式会社マイエフピー代表取締役
ミッドタウン

2014年3月20日(木) 19:00~21:00

野生のロボティクス・デザイン
- 社会デザイン学への誘い -

野生のロボティクス・デザイン<br>- 社会デザイン学への誘い -

『鉄腕アトム』や『ドラえもん』といったアニメや漫画の世界で慣れ親しんでいる私たちも、最近の新しいロボットの登場には驚かされます。掃除ロボット、介護ロボット、レスキューロボット、ロボットカー(自動運転車)、ウェアラブル端末・・・このような実体としてのロボットを考えることは、究極的には「人間とはなにか」を社会存在論的に考えることであり、ロボットをデザインすること(ロボティクス・デザイン)は未来の社会をデザインすること(社会デザイン)でもあります。こうしたロボティクス・デザインと社会デザインを結ぶ鍵は、人間の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を喚起して、QOL(人生の質)を高める生活のパートナーとしてのロボットとのコミュニケーションをデザインすることにあります。このような「野生のロボティクス・デザイン」を行うためには、哲学、心理学、人類学、法学・経済学、情報学、工学、生物学、化学、医学、福祉学等、人文・社会科学と自然科学の複数領域の知見を融合する必要があると考えられます。またコミュニティを場に産学官が連携して新たな社会システムを共創することで、現実の社会問題を解決するソーシャル・イノベーション創発の思考と実践としての総体である「社会デザイン学」も希求されています。今回のセミナーでは、論理と感性のロボティクス・デザインの挑戦事例を学際的に読み解きつつ、「社会デザイン学」の可能性を探求していきます。

小林 敦(こばやし あつし)
立教大学社会デザイン研究所研究員
ミッドタウン

2014年3月18日(火) 19:00~21:00

「神宮の森」日本人のこころ

「神宮の森」日本人のこころ
伊勢神宮周辺には神路山・島路山などの山々が広がっており、約二千年前の神宮御鎮座より神聖な山としてあがめられてきた。その森に分け入ると、一滴のしずくから次世代への循環を静かに繰り返す生命、そして守り育てられている森の安らぎを感じ、自然と人間の関係に思いを馳せることができる。近年起こった未曾有の自然災害は、我々に自然観を深く考えさせる出来事となり、そして森は、自然に対する畏敬そして畏怖の念、伝統や信仰の心などが、今もなお日本人の自然観の原点であることに気づかせてくれた。森氏の作品「神宮の森」を通じて森の息づかいを感じ、私たちのこころの奥底にある、自然に対する「日本人のこころ」を思い起してはいかがだろう。
森 武史(もり たけし)
カメラマン
二子玉川

2014年3月17日(月) 10:30~12:00

本を語ろう!!
~HONZ女子会~

本を語ろう!!<br>~HONZ女子会~
ベストセラーではないが、丹念に作られた本。有名ではないが個性が光る著者、独特の視点から選び出したブックリスト、そして編集者の想いを紹介する書評サイト「HONZ」。2月10日に新規OPENしたd-labo二子玉川では、同サイトで紹介された本を集めた本棚を設置。今回はそのHONZ本棚の設置記念セミナーとしてHONZを代表するお二人、東えりか氏と麻木久仁子氏をお招きし、それぞれの「本」への想いや楽しみ方、そして面白い本などをご紹介いただきます。みんなで一緒に「本」について語りあいませんか。
東 えりか,麻木 久仁子
  
ミッドタウン

2014年3月13日(木) 19:00~21:00

アレクサンドロス伝承が結ぶ
~ 古代アレクサンドリア、中世イスラーム世界、宋・明中国~

アレクサンドロス伝承が結ぶ<br>~ 古代アレクサンドリア、中世イスラーム世界、宋・明中国~
悠久の昔にユーラシア大陸を駆け抜けた若きマケドニア王アレクサンドロス。その東征はインドが限界となったが、アレクサンドロスの死後に生まれた伝説は、彼自身が征服した地域よりもさらに東に、そして西にも広がった。今回のセミナーではアレクサンドリアにまつわるエピソードを中心に、アレクサンドロス伝承の伝播の痕跡を追う。大王の版図を越えたさらに広範な地域の人びとが、アレクサンドロスについて後代語り継いできたものは何か?この探求の道を旅するとき、ユーラシア諸民族の歴史や宗教観が繰り広がる。
山中 由里子(やまなか ゆりこ)
国立民族学博物館准教授
ミッドタウン

2014年3月11日(火) 19:00~21:00

21世紀のカオスのなかで
- テクノロジーの進歩と急速なグロバール化のなかで自立して生きるということを考える-

21世紀のカオスのなかで<br> - テクノロジーの進歩と急速なグロバール化のなかで自立して生きるということを考える-
ベンチャーとはなんでしょうか?大企業の歯車になりたくない?一攫千金を目指す?そこには単に表層的で終わらない自分の生き方の革命があります。ベンチャー企業の経営者と付き合っていくと、その経営者には今の社会・ビジネスのなかで行き着いた人生そのものがあります。激しいテクノロジーの進化と急速なグローバル化の波。この時代のなかでどう自分の人生を生きればよいのでしょうか?セミナーでは、齋藤氏になぜベンチャーキャピタルに行き着いたか、また新しいビジネスを創っていくためのアプローチやセオリー、キーポイントをお話しいただき、さらに新しいビジネスを創るという生き方を目指すことが、この時代になにを意味するかを考えていきます。ベンチャー起業希望者に限ることなく、新しい複雑な時代をどう生きるかを考えたい方に、おすすめのセミナーです!
齋藤 茂樹(さいとう しげき)
エスアイピー・フィナンシャル・グループ株式会社代表取締役社長
ミッドタウン

2014年3月6日(木) 19:00~21:00

ビジネスで差がつく、デキ男ブランディングセミナー
~フェイスマネジメント&コミュニケーション編~

ビジネスで差がつく、デキ男ブランディングセミナー<br>~フェイスマネジメント&コミュニケーション編~
ビジネス環境が多様化し、肩書や学歴などでは通用しなくなる今後の社会において、重要なのが「印象管理」。自分を効果的に印象づけることが、チャンスを引き寄せ、ビジネスを成功に導くための近道になると考えられます。それでは自分自身をより良く認知してもらうためにはどうしたらいいの?そんな声にお応えして、今回はイメージづくりのプロである宮本雅恵氏をお招きし、印象管理術(イメージブランディング)セミナーを2回に渡って開催します。2回目の「フェイスマネジメント&コミュニケーション編」では、顔型に適したヘアスタイルと眼鏡の選び方や、コミュニケーションマナー・会話術などのハウツーを、実践的なデモンストレーションを交えながらお話しいただきます。30~40代の男性サラリーマンにおすすめのセミナーです!
宮本 雅恵(みやもと まさえ)
株式会社イメージ・ブランディング代表取締役
ミッドタウン

2014年3月4日(火) 19:00~21:00

地域の想いをかたちに
~高知室戸岬から~

地域の想いをかたちに<br>~高知室戸岬から~
高知県の東の先端、室戸市でひとりの青年が地域活性化伝道師として奮闘している。岡山県で生まれ育ったものの、室戸市に魅了され、移住してまで地域活性化に貢献しているのが高知大学大学院生である蜂谷氏だ。蜂谷氏は室戸市のどんなところに魅力を感じ、なぜ起業という道を選択したのか。多くの地域活性化策が失敗に終わる中、学生ビジネスコンテストで最優秀賞を獲得した蜂谷氏は、地域の活性化をどのように定義し、なにが重要だと考えるのか。地域の人々の想いをかたちにしていく過程で、気づいたこと、そして失敗の数々を赤裸々に語っていただく。
蜂谷 潤(はちや じゅん)
一般社団法人うみ路代表理事
第1回d-labo My Dream コンテスト優勝者
ミッドタウン

2014年2月27日(木) 19:00~21:00

ビジネスで差がつく、デキ男ブランディングセミナー
~服装マネジメント編~

ビジネスで差がつく、デキ男ブランディングセミナー<br>~服装マネジメント編~
ビジネス環境が多様化し、肩書や学歴などでは通用しなくなる今後の社会において、重要なのが「印象管理」。自分を効果的に印象づけることが、チャンスを引き寄せ、ビジネスを成功に導くための近道になると考えられます。それでは自分自身をより良く認知してもらうためにはどうしたらいいの?そんな声にお応えして、今回はイメージづくりのプロである宮本雅恵氏をお招きし、印象管理術(イメージブランディング)セミナーを2回に渡って開催します。1回目の「服装マネジメント編」では、持って生まれた自分のボディカラーやビジネスにおけるベストカラーを活かす方法を中心に、スーツ、シャツ、ネクタイ、靴のコーディネイトセオリーなど、個性を最大限に発揮するためのハウツーを、実践的なデモンストレーションを交えながらお話しいただきます。30~40代の男性サラリーマンにおすすめのセミナーです!
宮本 雅恵(みやもと まさえ)
株式会社イメージ・ブランディング代表取締役
ミッドタウン

2014年2月25日(火)19:00~21:00

「MBA×会計」
- 世界の若手ビジネスリーダー達は何を学んでいるのか? -

「MBA×会計」<BR>- 世界の若手ビジネスリーダー達は何を学んでいるのか? -
ビジネスパーソンであれば一度は耳にしたことがある「MBA(経営学修士)」。MBAプログラムを提供する世界のビジネススクールは、いま何を教えているのか?近年人気のあるインドや中国など、新興国のビジネススクールの現状はどうなのか?今回のセミナーは米国、インド、中国にMBA留学されていた井上氏にご登壇いただき、最新の「リアルな海外MBA留学体験」をお話しいただきます。また、セミナーの後半では、「起業家のためのMBA会計学」と題し、MBAアカウンティングレクチャーをしていただくとともに、公認会計士でもある井上氏がいま最も力をいれているベンチャー支援についてもお話しいただきます。
井上 智宏 (いのうえ ともひろ)
ベンチャーインク国際会計事務所代表
ミッドタウン

2014年2月20日(木)19:00~21:00

戦後と「幸せ」の行方
-〈社会意識〉の変貌を追って-

戦後と「幸せ」の行方<br>-〈社会意識〉の変貌を追って-
私たちは、この国のこの時代の「幸せ」をどんなふうに考え、生きているのでしょう。戦後を振り返ってみれば、各時代の紆余曲折にもかかわらず、人々の心のなかにはほぼ一貫した「幸せ」の観念がありました。それは、1950年代半ば、貧しさからの解放によってもたらされた「豊かな生活」への憧れでした。60年代の高度成長、70年代の総中流化、80年代のバブル経済を経て、90年代以後は、一転、長い平成不況の中で「豊かさ」はもろくも崩れ去っていきました。その後、おそらく私たちは、以前のように明確な「幸せ」観を持つことができなくなっているように思われます。この間の〈社会意識〉がどのように変わってきたのか、労働・雇用・消費の動向から、文学・映画・音楽などの文化事象まで、多彩な素材によって検証し、さらに、これからの「幸せ」の行方を考えていきます。
菊地 史彦(きくち ふみひこ)
株式会社ケイズワーク代表取締役
国際大学グローバル・コミュニケーションセンター客員研究員
ミッドタウン

2014年2月18日(火)19:00~21:00

秘密の話
オーストラリア先住民から学ぶ「知る」ことの意味

秘密の話<br>オーストラリア先住民から学ぶ「知る」ことの意味
「4万年以上この大陸に住みつづけてきたという人々は、いったいどんな世界観を持っているのだろう」オーストラリア先住民の現代絵画を見てそう考え、中央砂漠から熱帯雨林へと旅をして、ようやくわかってきたのは、「『知る』ということがどういうことなのかを、根本から考え直さなくてはいけない」ということでした。モノの所有と情報の所有の違い、見せてはいけないものを保存する博物館、神話を知りたがる鉱山会社、知り過ぎたのかもしれない言語学者の運命、長老格の画家の沈黙。「秘密」を入り口に世界をとらえ直す知の旅へご案内します。
中村 和恵 (なかむら かずえ)
詩人・エッセイスト
明治大学 教授
ミッドタウン

2014年2月13日(木) 19:00~21:00

中世ヨーロッパの暮らしを覗く

中世ヨーロッパの暮らしを覗く
中世ヨーロッパを生きた人々は、実際にどのような生活をおくっていたのでしょう。彼らはなにを食べて、どこで寝て、どんな仕事をしていたのでしょう。どのような恋をして、結婚をし、家庭を作って、いかに育児していたのでしょう。彼らは日々、何におびえ、何に苦しみ、何に笑っていたのでしょう。このセミナーでは、残された多くの絵画や版画、都市や建築物といった文化の産物を「窓」として使いながら、昔の人々の生活ぶりと一生を、一緒に覗いていきます。一部の英雄ではない、ごく普通の人々の暮らしを知り、そして当時の社会の仕組みを知っていくうちに、西洋の文化そのものに対する理解も深 まり、皆さまの今後の美術鑑賞や観光旅行が一層味わい深いものとなっていくはずです。
池上 英洋 (いけがみ ひでひろ)
芸術史家・東京造形大学准教授
ミッドタウン

2014年2月12日(水) 19:00~21:00

日本はなぜスポーツが体育なのか
~QOLに役立つスポーツを考える~

日本はなぜスポーツが体育なのか<br>~QOLに役立つスポーツを考える~
日本では「体育の日」と「文化の日」が分かれており、スポーツ=文化と考えている人は少ないのではないでしょうか。「文化」は英語で「カルチャー」と訳され、その語源を辿るとフランス語系のラテン語で「カルティヴェイティブ」。「耕し、豊かにする」という意味を持ちます。スポーツも文化と同様に「人間性を高め、心を豊かにする」ことからスポーツ=文化と捉えることができると辻氏は考えます。2020年東京オリンピックが決定したいま、スポーツの文化的価値、スポーツが身近になる社会づくりについて、スポーツドクターの辻秀一氏と一緒に考えてみませんか。
辻 秀一 (つじ しゅういち)
スポーツドクター
ミッドタウン

2014年2月6日(木) 19:00~21:00

美術館を楽しもう!

美術館を楽しもう!
スポーツや音楽会などと比べると、来場者数が少ない美術館。そのことに「美術の絶対人口が少ないということもあるでしょうが、魅力がないということも否定できません。」と語る草薙氏。
どうしたら美術館に足を運んでもらえるのか。学芸員は日夜そのことを考え、涙ぐましい努力をしている。草薙氏が館長を務める平塚市美術館では、「まず玄関を明るく入りやすくし、次にロビーを、そして展覧会場を」と少しずつ工夫していったところ、少しずつお客さまの数も増え、いろいろなところで話題にあがるようになった。そんな美術館の歩みと変化、さらには裏話を交えた楽しみ方などをお話しいただく。
草薙 奈津子(くさなぎ なつこ)
平塚市美術館館長・美術評論家
ミッドタウン

2014年2月4日(火) 19:00~21:00

世界に羽ばたく日本映画!

世界に羽ばたく日本映画!
今年5月のカンヌ国際映画祭で「審査員特別賞」を受賞し、10月に国内で公開されヒットした是枝裕和監督の『そして父になる』。同作品はスピルバーグ監督がリメイク権を取得したことでも話題になりました。もちろん、海外の映画祭で日本映画が賞を取るのは、これが初めてではありません。実は1938年、ヴェネチア国際映画祭で『五人の斥候兵』が「民衆宣伝大臣賞」を受賞しているのです。今回は、海外で日本映画がどのように公開され、日本人のイメージを作っていったかということを、映画史の中で辿りながら、日本映画の今後について考えます。さらに公開中の『47RONIN』のような、日本や日本人を撮った外国映画についても触れていきます!
古賀 太(こが ふとし)
日本大学芸術学部映画学科教授
ミッドタウン

2014年1月30日(木) 19:00~21:00

日本舞踊鑑賞への誘い

日本舞踊鑑賞への誘い
日本舞踊は“着物を着てゆっくりと踊る退屈なもの”というイメージを持っていないでしょうか?しかし実際に見てみるとそのイメージとは全く異なり、バレエやダンスに勝るとも劣らない華やかな舞台芸術なのです。さまざまな日本の伝統文化のエッセンスが、洗練された形で含まれている日本舞踊。その見どころを、第一線で活躍する日本舞踊家藤間蘭黄氏に実演も交えて、わかりやすくご紹介いただきます。古典芸能を見る楽しみはその時代、その世界にタイムスリップすること。日本人として知っておきたい「日本の古典芸能」を学んでみませんか?
藤間 蘭黄 (ふじま らんこう)
日本舞踊家
ミッドタウン

2014年1月23日(木) 19:00~21:00

地球の果てに広がる森、小宇宙としての南極湖沼

地球の果てに広がる森、小宇宙としての南極湖沼
私たちが暮らす日本からはるか遠く離れた南極大陸。そこは雪と氷に閉ざされた極寒の世界?実は南極大陸の縁辺部には氷に覆われていない岩肌が剥き出しの場所があり、そこには真冬になっても凍らない、一年中、水をたたえた湖が数多く存在します。湖の中に潜ってみると、湖底一面がまるで草原か森林のように緑で覆われた世界。人類が唯一、棲みつくことが出来なかった大陸・南極は一体どのような世界なのか。いま、極地ではどんなことが起きているのか。そして田邊氏はなぜそのような場所で研究をしているのか。地球がそのまま見える場所・南極の自然と生き物、湖底に広がる森の不思議な世界を、日本南極地域観測隊に3度参加した気鋭の研究者・田邊優貴子氏に紹介いただきます!
田邊 優貴子(たなべ ゆきこ)
早稲田大学高等研究所助教
ミッドタウン

2014年1月21日(火) 19:00~21:00

実生活で役立つ!薬膳入門

実生活で役立つ!薬膳入門
「薬膳っていったいどんなもの?」「普通の料理と何が違うの?」など、薬膳をよく知らない人にとってたくさんある疑問。今回はそんな疑問を解消する、薬膳入門セミナーを開催します。薬膳の基礎知識はもちろん、自分の体質を知ったり食材を選ぶときのヒントになる舌診(舌でみるカンタン体質チェック)や、冬の養生法についてもご紹介いただきます。寒い冬にオススメの薬膳ティーを飲みながら、薬膳の醍醐味や面白さを感じてみませんか?
杏仁 美友(きょうにん みゆ)
漢方&薬膳アドバイザー
二子玉川

2015年1月15日(木) 10:30~12:00

女性のためのくつろぎヨガ

女性のためのくつろぎヨガ
ふだん浅くなりがちな呼吸を通して、カラダとココロを元気にするセルフメンテナンスを学び、自分自身をじっくり見つめ直してみましょう!コミュニケーションを重視したスタイルで一人ひとりにあった無理のないレッスンのため、初めての方もご安心を。忙しい毎日だからこそ、カラダとココロにきちんと向き合う時間をつくってみませんか?今回のレッスンはすべての女性を対象としておりますので、年齢や先入観にとらわれることなく、ぜひご参加ください
※●定員:女性限定10名さま(スルガ銀行にお取引のある方を対象とさせていただきます)
●ご家族さまであれば1名さまに限り一緒にご参加いただけますので、ぜひお母さまや娘さまとお誘い合わせください。
※小さなお子さまの同伴をご希望の方は、お申込みの際にご相談ください。
●当日は動きやすい服装でお越しください。
●キャンセルの場合はなるべくお早めにご連絡ください。
小野 菜津子 (おの なつこ)
インド中央政府科学技術省公認ヨーガ講師/ヨーガ療法士