d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

イベントスケジュールTOP

ミッドタウン

2019年11月6日(水) 18:00~19:15

古代エジプト文字で読むパピルス文書(後編)
-世界最古のパピルス写本「メレルの日誌」を読み解く-

クフ王の大ピラミッド周辺の建設状況を伝えるパピルス写本が紅海沿岸のワーディー・エル・ジャルフ遺跡で2013年に発見されました。それが、ヒエラティックの書かれた世界最古のパピルス写本として世界的に有名になった「メレルの日誌」です。この写本には、メレルという名の査察官が指揮するピラミッド周辺の建設部隊の活動が記録されています。また、クフ王の異母兄弟の名や給料として支給されていた食料に関する記述があるなど、興味深い内容を伝えています。このセミナーでは、パピルス写本に記されているヒエラティックとそのヒエログリフ翻字を用いて、写本に書かれた史実を皆さまにお伝えします。

■定員:50名
※定員に達し次第、締め切らせていただくことがございます。
■開場時間:17時45分
■募集期間:2019年9月13日(金)~11月6日(水)
※セミナーの参加には事前のご予約が必要です。

2019年11月6日(水) 18:00~19:15 古代エジプト文字で読むパピルス文書(後編) -世界最古のパピルス写本「メレルの日誌」を読み解く- 講師:永井 正勝(ながい まさかつ)

講師紹介

永井 正勝(ながい まさかつ)
永井 正勝(ながい まさかつ)
東京大学附属図書館アジア研究図書館
上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)特任准教授
1970年生まれ。東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)特任准教授。専門は古代エジプト語の言語学、文字論。言語学博士。著書に『必携入門ヒエログリフ』、『西アジア文明学への招待』 [共著]などがある。現在、ひつじ書房ウェブマガジン「未草」にて「古代エジプト語のヒエログリフ入門:ロゼッタストーン読解」を連載中。

募集要項

日時 2019年11月6日(水) 18:00~19:15
定員 50名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催 d-labo ミッドタウン
会場 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー7F

申し込み方法

お申込みは、入力フォームまたはお電話で承ります。応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。ご予約内容確認のため、電話にてご連絡させていただく場合がございます。

東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
Tel.03-5411-2363
10:00~18:00 月~金曜日(祝日を除く)

  • セミナーはどなたでもご参加いただけます。
  • 一部イベントにつきましては年齢制限があり、保護者の同伴もしくは同意が必要となる場合があります。
  • 席数には限りがございます。
  • 場合によっては立ち見となる可能性がありますがご了承願います。
  • 万が一日程変更・中止の場合にはご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 最新のセミナー情報をメルマガで受け取りたい方はこちら

お問い合わせ

<d-laboミッドタウン>

03-5411-2363
10:00~18:00(月~金)
※祝日を除く

<メールでのお問い合わせ>