d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

イベントスケジュールTOP

静岡

2018年1月26日(金) 18:00~19:00

グランシップ×d-labo静岡 タイアップセミナー 宝生流二十代宗家・宝生和英が描く能楽の未来

宝生流第二十代宗家・宝生和英氏(「グランシップ静岡能」に出演予定)が、500年以上続く歴史を持つ能楽のこれからについてお話しします。
また、現在どのように能楽に取り組んでいるのかについて、華道家・辻雄貴氏の活動とともにご紹介いたします。 若き宗家が真摯に能楽に向き合い、新しいアプローチでその魅力を引き出します。

◇募集期間
2017年12月6日(水)~2018年1月25日(木)

2018年1月26日(金) 18:00~19:00 グランシップ×d-labo静岡 タイアップセミナー 宝生流二十代宗家・宝生和英が描く能楽の未来 講師:宝生 和英、辻 雄貴

講師紹介

宝生 和英、辻 雄貴
宝生 和英、辻 雄貴
 
宝生 和英(ほうしょう かずふさ)
昭和61年、十九代宗家宝生英照の長男として生まれる。祖父・宝生英雄、父・宝生英照に師事。平成3年「西王母」子方で初舞台を踏む。平成7年「岩船」で初シテを務め、これまでに「鷺」「石橋 連獅子」「道成寺」「翁」「乱」を披く。 平成20年に宝生流第二十代宗家を襲名。東京藝術大学非常勤講師、公益社団法人宝生会常務理事。演能会「和の会」を主宰。

辻 雄貴(つじ ゆうき)
静岡県出身。建築という土台を持ちながら追及する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて建築デザイン、舞台美術、彫刻、プロダクトデザインなど独自の空間を芸術として演出される。2013年フランスにて「世阿弥生誕650年観阿弥生誕680年記念フフェール城能公演」の舞台美術を手がける。2016年ニューヨークカーネギーホール主催公演にていけばなを披露。国内外を問わず様々なブランドとアートワークを発表。日本の自然観・美意識を表現している。

募集要項

日時 2018年1月26日(金) 18:00~19:00
定員 30名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催 d-labo 静岡
会場 静岡県静岡市葵区呉服町2-1-5 ANNEX静岡伊勢丹3F

申し込み方法

申し訳ございませんが、参加申し込みの受付は終了いたしました。

静岡県静岡市葵区呉服町2-1-5 五風来館3階(ANNEX ISETAN 3階)
Tel.054-252-0897
お電話承り時間
10:00~18:00 (年末年始、休館日等を除く)

  • セミナーはどなたでもご参加いただけます。
  • 一部イベントにつきましては年齢制限があり、保護者の同伴もしくは同意が必要となる場合があります。
  • 席数には限りがございます。
  • 場合によっては立ち見となる可能性がありますがご了承願います。
  • 万が一日程変更・中止の場合にはご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 最新のセミナー情報をメルマガで受け取りたい方はこちら

お問い合わせ

054-252-0897
10:00~18:00 (年末年始、休館日等を除く)

<メールでのお問い合わせ>