d-labo

SURUGA d-labo. Bring your dream to reality. Draw my dream.

イベントスケジュール

イベントスケジュールTOP

ミッドタウン

2017年11月21日(火) 19:00~20:30

オリンピックで東京をプレゼンする方法~ロンドン五輪に携わった日本人建築士による競技場の考え方~

2020年東京五輪開催にあたり、東京都と同じく成熟都市で2012年に五輪を開催したロンドンが注目されています。本セミナーの講師である山嵜氏は、2001年から12年間同所で建築設計士として働き、サスティナブルと呼ばれたロンドン五輪にも携わっていましたが、当時のロンドンには、「競技場は“夏祭り”の“脇役”でしかない」という割り切ったイギリス流の考え方があったそうです。グローバル化が進む中でロンドンは、五輪を通じて建築物や都市のローカルな魅力を世界へ発信することに成功しました。では2020年、東京から世界に発信すべき日本の魅力とはなんなのでしょうか?五輪競技場計画、そしてまちづくりの観点から皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

■募集期間:2017年10月16日(月)~
2017年11月20日(月)
■定員:60名さま
※ご予約のない場合ご参加いただけませんので、必ず事前にご予約ください。
※受付は18:45からとなっております。

2017年11月21日(火) 19:00~20:30 オリンピックで東京をプレゼンする方法~ロンドン五輪に携わった日本人建築士による競技場の考え方~ 講師:山嵜 一也(やまざき かずや)

講師紹介

山嵜 一也(やまざき かずや)
山嵜 一也(やまざき かずや)
一級建築士/ロンドン五輪競技場担当建築士
1974年東京都生まれ。芝浦工業大学大学院建設工学修士課程修了。単身渡英後、観光ビザで500社以上への就職活動をし、ロンドンを拠点に建築設計活動を開始。欧州最大級となるハブ駅、キングスクロス・セントパンクラス地下鉄駅改修工事現場監理やロンドン五輪の招致マスタープラン模型、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場現場監理に携わる。2013年1月に帰国後、山㟢一也建築設計事務所設立。著書には、「イギリス人の、割り切ってシンプルな働き方」(カドカワ)、「そのまま使える 建築英語表現」(学芸出版社)がある。女子美術大学非常勤講師。首都大学東京大学院観光科学域博士後期課程在籍。

募集要項

日時 2017年11月21日(火) 19:00~20:30
定員 60名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催 d-labo ミッドタウン
会場 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー7F

申し込み方法

お申込みは、入力フォームまたはお電話で承ります。応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。ご予約内容確認のため、電話にてご連絡させていただく場合がございます。

東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
Tel.03-5411-2363
10:00~18:00 月~金曜日(祝日を除く)

  • セミナーはどなたでもご参加いただけます。
  • 一部イベントにつきましては年齢制限があり、保護者の同伴もしくは同意が必要となる場合があります。
  • 席数には限りがございます。
  • 場合によっては立ち見となる可能性がありますがご了承願います。
  • 万が一日程変更・中止の場合にはご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
  • 最新のセミナー情報をメルマガで受け取りたい方はこちら

お問い合わせ

<d-laboミッドタウン>

03-5411-2363
10:00~18:00(月~金)
※祝日を除く

<メールでのお問い合わせ>